flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

本日5時半から!

マルティン・カシークさんによる昨夜のサロンコンサートの演奏から。ヤナーチェク「草陰の小径より」から第10曲「みみずくは飛び去らなかった」です。死期が近い人がいる家の周りにはみみずくが飛び回る」というチェコの言い伝えがタイトルの由来。まさに間も無く死んでしまう20歳の娘を思って、ヤナーチェクが書いた痛ましい曲です。不吉さと美しさとはかなさが入り混じったこの作曲家の世界が滲み出た音楽ではないでしょうか。 ...

明日7/9は マルティン・カシーク ピアノリサイタル

明日17:30からリサイタルを行うのは、「プラハの春 音楽コンクール」で優勝以来、チェコを代表するピアニストのひとりとして定評のあるマルティン・カシークさん。本日は春日井市高蔵寺でカフェコンサートを行なっております。世界的なピアニストを間近で聴きたい、と多くの方にお集まりいただき会場は超満員。 明日の夜の宗次ホールでの公演はまだお席多数ございますので、ぜひ。「展覧会の絵」も楽しみですが、何と言ってもチェ...

モーツァルト後期ピアノ協奏曲連続演奏会 リハーサル

そして、山中惇史さんにはこの日もう一仕事・・・。( 7/6 大江馨ヴァイオリンコンサートの続き) 7月15日に行われる宗次ホール10周年記念企画「モーツァルト後期ピアノ協奏曲8曲連続演奏会」の第2回公演で演奏される、モーツァルトのピアノ協奏曲のラストナンバー、第27番の室内楽版編曲を山中さんに宗次ホールから委嘱した関係で、そのリハーサルに立ち会っていただきました。 実際に編曲者に立ち会うことは単に間違いを修正す...

2017年8月 おすすめ公演情報 (1)  實川風 ピアノコンサート

ダン・タイ・ソン氏からレッスン中に受けた一言 「君がどう弾きたいのかが伝わってこない」 これで目が覚めました (本人へのインタビューより) 8月1日(火) 實川 風 (じつかわ かおる) ピアノ  「こう弾きたい」というイメージが浮かんでいる作品は早く弾けるようになるけれど、それに対して憧れていてもどう弾いたら良いかすぐに掴めないのが、實川さんにとってのショパンの作品だそう。捉えられたと思っても、いつ...

7/3 山本貴志&佐藤卓史 ピアノ・デュオ コンサート

明日、7月3日に予定されている「山本貴志&佐藤卓史 ピアノ・デュオ コンサート」によせて、山本さんと佐藤さんの対談が、佐藤さんのサイトにて公開されているので、ご紹介いたします♪2017年・山本貴志&佐藤卓史 対談 1)ワルシャワ最新外食事情 2)ショパン全曲演奏中 3)マズルカの真実 4)なに人ですかおふたりのお人柄がにじみでるような対談♬「なぜ、日本人はショパンが好きなのか・・・」など、興味深いトピックスがいっ...

2017年7月 おすすめ公演情報 (3)  7/23 濱田あや チェンバロリサイタル

分析的で知的で、人並み外れた構築性をもつ演奏家なのだろうが、一方で、1曲ごとに驚くほど多彩なニュアンスをもたらす才にも恵まれていて、その『引き出し』の多さと、引き出しの使い方の的確さには熟練の名人を思わせるものがある    (飯森豊水 古楽情報誌「アントレ」より)濱田 あや チェンバロ 7月23日(日)15:00開演 3,500円(学生2,100円)[指定]  名門ジュリアード音楽院修士課程に2009年新しく創設された...

2017年 7月発売公演

はやいもので、2017年も半分が過ぎましたね!さて、7月発売公演をご紹介いたします。ランチタイムコンサート10月分もあわせて、販売開始となります。10/3(火) 18:45開演セドリック・ティベルギアン ピアノリサイタル セドリック・ティベルギアン(Pf)一般4,000円      学生2,400円      [指定] 10/5(木) 18:45開演フォンス・ムジケ 今村泰典(テオルボ/音楽...

2017年7月 おすすめ公演情報 (3) 7/22 イリーナ・メジューエワ  ピアノ

今年3月にリリースしたCDが 「レコード芸術」誌 5月号で“特選盤”に選出! 我々に、新しい認識を切り開く可能性を与えてくれる。それほどにも、充実した美しい音である (平野篤司/成城大学教授) イリーナ・メジューエワ  ピアノ 7月22日(土)18:00開演 4,000円(学生2,400円)[指定]  去年の宗次ホール公演ではショパンのノクターン全曲を丁寧に完奏し、長く印象的な物語を紡いでくれたメジューエワさん。...

2017年7月 おすすめ公演情報 (2) 7/6 大江 馨(かおる)ヴァイオリンコンサート

ヴァイオリンの魅力を最大限に表現しつつも ヴァイオリンという楽器を超えて、音楽をしゃべる ように奏でられる音楽家になりたい (本人へのインタビューより) 7月6日(木) 大江 馨(かおる) ヴァイオリン   山中惇史 ピアノ 第4回宗次エンジェルヴァイオリンコンクールで第3位を受賞してからも数々のコンクールで1位に輝き、その後ドイツ・クロンベルクに音楽留学、かのクリスチャン・テツラフ氏の下で研鑽を...

オレンジのような

本日18:45開演。ベートーヴェンの三大ピアノソナタを弾くリサイタルを行うフレデリック=フランソワ・ギィさんがご到着。チラシはなんだか怪しい宗教家のようなご尊顔でしたが実際お会いしてみたらとても柔和で紳士な方。 今日は「悲愴」「月光」「熱情」のほかに同じくベートーヴェンのピアノソナタ第2番を演奏します。ちょうど今これをリハーサルしていらっしゃいますが、なんというファンタジックなベートーヴェン! 生き生きと...