flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

5/24 パン・リー&Yui ニ胡とヴァイオリンが奏でる四季彩々

本日のスイーツタイムコンサートはヴァイオリニスト Yuiさんと、二胡奏者のパン・リーさんによる中国民謡からクラシックの名曲小品、そして映画音楽までを網羅したアラカルト。思えば二胡の演奏会、以前一時期集中していた時もありましたが、しばらく無かったなぁと。そのせいもあってか、当日券もそこそこ出る盛況に。 パン・リーさんの二胡の音色は力強くも艶やかで、Yuiさんのヴァイオリンとしっかりと絡まって不思議なデュエ...

5/22 世界遺産級 低音金管デュオ 「ワーヘリ」

5月22日の公演は約1年ぶりの低音デュオ「ワーヘリ」でした。新しいアルバムの発売と合わせてのコンサート。新曲(ピアノを弾いてくださった松本望さんの作品も)が加わってより進化したワーヘリ・ワールドへ。会場に詰め掛けたユーフォニアム&テューバをまさにいま吹奏楽部で担当している学生さんたちには、次々に繰り出される超絶技巧とリッチな音色がとても刺激的に聴こえたことでしょう。 そして、相変わらず外囿祥一郎さん...

5/21 河野克典 バリトンリサイタル

1840年の5月24日から6月1日に書き上げられたシューマンの歌曲集「詩人の恋」をメインにしたリサイタル。 まさにこの時期にぴったり。リハーサルを聴いているうちに舞台にほのかな季節感をあしらいたくなり、新緑のイメージで背景を染めてみました。なんの奇の衒いもなく、楽曲の良さをしっかりと伝えることに徹していながら、実に豊かな情感がひろがるお二人の音楽。2年ぶりの宗次ホールでの共演は前回の「冬の旅」に続き好評の...

5/20  ラ・フォンテヴェルディ

ラ・フォンテヴェルデの7回目の公演。今年はモンテヴェルディの生誕450年の記念年ながら、宗次ホールでモンテヴェルディが聴けるのは年間通じて今日だけ。(本来ならLFVは春・秋の年2回なのですが、今年秋の企画内容上、編成が大規模になるため、宗次ホールの規模では上演困難と断念いたしました。) LFVの真骨頂である美しい声のハーモニー。それに加え、いつにも増して言葉の持つ色気とリズム感が前面に出た、「ヤラレタ!」...

5/12 ダニエル・シュー ピアノコンサート

5月12日は、2015年の浜松国際コンクールへ最年少参加・第3位を受賞したダニエル・シューさんの公演でした。( 宗次ホール公式facebook より) 前日の交流会から彼の人となりに触れることができましたが、本当に思いやりがあって優しい青年でした。まだ19歳だとは信じがたい成熟味と、若いからこそ、の勢いや魅力。色々入り混じって、今の彼だからこその演奏を聴かせてくれました。... また、宗次ホールへ戻ってき...

5/13 僕の大好きなイタリアと北欧の民謡

本日のスイーツタイムコンサート「僕の大好きなイタリアと北欧の民謡」が終演しました。( 当日の 宗次ホール公式facebook より) 前半は、ナポリのタランテラや帰れソレントへといったイタリアの民謡をマンドリンとピアノのデュオで。マンドリンの音色に郷愁を感じ、懐かしい気持ちになった方も多いのではないでしょうか。 後半は、ニッケルハルパやハルダンゲルダモーレといった北欧の伝統的な楽器が登場。宗次ホ...

5/11 聴けば聴くほど愛おしい ブラジルのクラシック音楽

「聴けば聴くほど愛おしい ブラジルのクラシック音楽」が終演。 在名古屋ブラジル領事をはじめ、ブラジルにご縁のある方もたくさんおいでいただきました。大原治雄さんの写真のことをご存知の方も思いのほか多くいらしていて、中には昨年の伊丹や清里で行われた展覧会に足を運ばれた方も。 素朴で小粋なナザレ、ロマンティックで洗練されたミニョーネ、そして濃厚で野性味がある独特なヴィラ=ロボス・・・と3人のブラジルの音...

5/10 輝&輝 The伝統芸 津軽三味線の調べ

10日は「輝&輝 The伝統芸 津軽三味線の調べ」の演奏会でした。  輝&輝(きき)さんは、宗次ホールでも度々ご出演いただいている津軽三味線デュオ。津軽あいや節やよされ節に加えて、今回はピアノの伊藤辰哉さんも加わり、春の海やチャールダッシュなどのアレンジ曲も披露。そしてやはり津軽三味線といえば…大人気の津軽じょんがら節も!大好評のうちに終演しました。今回は『名古屋わざもん衆』さんのご協力のもとホワイエ...

5/7 木越洋 チェロコンサート

昨年に引き続き、今年も完売の木越洋さん(チェロ)×藤本真実さん(ピアノ)の公演でした。(コンサート当日の 宗次ホール公式facebook より)今回は「スイーツタイム」とスイーツ(Suites/組曲)をかけて、全て組曲ばかりを集めたプログラミング。アンコールはサン=サーンス:白鳥とクライスラー:テンポ・ディ・メヌエットで、盛り上がりました。 そして今回は、木越さんが持ち込みをされた珍しい形状の足台に注目さ...

5/6 生誕90周年記念 野村正峰作品シリーズ vol.1 万葉集への憧れ ~古人の素直な心情を歌う万葉集~

本日は名古屋生まれの邦楽作曲家、野村正峰の作品を紹介するシリーズ、記念すべき第1回目でした! (コンサート当日の 宗次ホール公式facebook より) 野村祐子さん(箏)、野村幹人さん(尺八)、竹元真一郎さん(語り)、そして正絃社合奏団の皆様でお届けいたしました。 満席のお客様に恵まれ、親しみやすい旋律と和楽器の美しい音色、そして作品の曲想となった万葉集からの名歌をお楽しみ頂きました。 途中の...