flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

吉野直子さん こだわりの「バッハ」プログラム 【11/1公演】 (後編)

11月1日 吉野直子ハープリサイタルの続き・・・前半はJ.S.バッハのインベンションや「アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳」に採録されたピアノを習いはじめたお子さんが練習するような曲も取り上げられました。マグダレーナの音楽帳にはJ.S.バッハが作曲していないものも含まれていて、有名なメヌエットの真の作曲者ペツォールトや、J.S.の息子、カール・フィリップ・エマニュエル・バッハの作品も演奏されました。後半は...

吉野直子さん こだわりの「バッハ」プログラム 【11/1公演】 (前編)

11月1日に行われた吉野直子さんのハープリサイタル。当館にとって全てのプログラムがハープ独奏というリサイタルは初めてのことです。今回は現代のグランドハープと18世紀後期に使われていた「ルイ16世ハープ」をモデルとした古いハープの2台を使用しました。グランドハープの背丈は当館のエレベーターぎりぎりでした。カバーを外して並べてみたところ。「ルイ16世ハープ」は、弦の本数が少なくひとまわり小ぶりです。ガット弦...

宗次ホールで平家琵琶を聴く 【10/31ランチタイムコンサート】

10月31日のランチタイムコンサートは名古屋出身、琵琶の巨匠であられる北川鶴昇先生が出演。宗次ホールで初の琵琶の弾き語りということもあって、先生のファンだけではなく幅広い方々から反響を頂き1ヶ月前には完売してしまっていました。前日から床を雑巾がけして段を作りました。宗次ホールでは珍しい光景です。リハーサル中。「音がよくひびくねぇ」と・・・。先生が使っていらっしゃる楽器を見せていただきました。本来4弦の楽...

第4回 街と雑草フォトコンテスト結果発表

NPO法人イエロー・エンジェルが毎年夏に開催している「街と雑草 フォトコンテスト」の結果がこのほど発表され、宗次ホールの玄関ロビーにも、皆様から寄せられた力作が掲示されています。このコンテストは、フォトコンテストであると同時に、街のいたるところに、いかに雑草が生えているかを啓発しようという意味合いをこめて宗次ホール代表、そして上記NPO法人の理事長である宗次徳二の提案ではじまったコンテストです。※詳...

ウィーン・フィルのコンサートマスター フォルクハルト・シュトイデさん (10/29公演)

10月29日に行われたフォルクハルト・シュトイデさんのヴァイオリンリサイタル。本当は23日の予定でしたが、ウィーン国立歌劇場の出演日程の変更に伴い急遽延期しての開催となりました。既にご予約を頂いていたお客様には大変ご迷惑をお掛けしましたことお詫び申し上げます。燕尾服姿で、さながら「もう本番ですか?」といった感じで現れたシュトイデさん。燕尾を脱ぐと、なんと緑のTシャツ・・・。かさばる舞台衣装は着て移動。なる...

吉田恭子 ヴァイオリンリサイタル 10/27

10月27日の吉田恭子さんのリサイタル。ピアニストは白石光隆さん。何度も共演していらっしゃるだけに演奏前のトークの掛け合いからして、まるでテレビ番組のような流暢さです。前半は、ベートーヴェンの「クロイツェルソナタ」と「ロマンス」の第1番。後半ドレスも替わって、ガーシュウィンやラヴェルの「ツィガーヌ」など。楽譜を取り寄せるのに苦労したという、シューベルトが作曲し、それをリストが編曲、さらにそれをヴァイオ...

チェコフィル三重奏団&佐藤和子(10/24の公演レポート)

10月24日にはチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者2名を含む「チェコ・フィルハーモニー弦楽三重奏団」と、昨年も同様にチェコ・フィルメンバーとシューベルトの「ます」を演奏した名古屋出身のピアニスト、佐藤和子さんとの共演でした。リハーサル風景。オール・ドヴォルザーク・プログラムです。それぞれがばらばらに練習されているときにはあまり気にならないのですが、こうして合わせてみると、まさに誰かが「チェ...

想い出クラシックPart1 「名古屋テレビ塔」開催

クラシック音楽と心に残る思い出の朗読による新企画シリーズ「想い出クラシック」Part1を開催しました。 第1回のテーマは「名古屋テレビ塔」 音楽はパリのエッフェル塔を連想してフランスの作曲家の作品にしました。名古屋テレビ塔さんより貴重な古い写真をお借りすることができました。コンサートのプログラムの作成に当たり、ご応募頂いた朗読作品に合う曲目選定と写真の選定を朗読のおおはたさん、ピアノの丸山さんそして私の...

パンジー入荷しました!

宗次オーナーの主導で、多数のボランティアの方々、そしてホールのスタッフも手伝いながらホール近くの広小路通、中日ビルの角から東新町交差点までの400m余りに花を植える活動を2008年から継続しています。このごろめっきり冷え込むようになりました。まもなく夏・秋に咲き誇っていたハイビスカスを、冬・春用のパンジー、ヴィオラに植え替える作業が始まります。今日は大量、5000株のパンジーが早朝宗次ホールに到着しました。...

10月20日 フレデリック・ハース 「ゴルトベルク変奏曲」

ベルギーのブリュッセル音楽院といえばバロック音楽、古楽の分野で特に世界的に有名な教育機関。そこで若くしてチェンバロ科の教授に就任したフレデリック・ハース氏が来演しました。今年1月より開始されたシリーズ「バッハの海へ」の第7回。そして、8月、9月と続いてきたゴルトベルク変奏曲を取り上げる演奏会の締めとなる演奏会です。本日のチェンバロは、6月にミドリ・ザイラーさん、そして夫君のクリスティアン・リーガー...