flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

補修工事による休館のお知らせとプレイガイドさんのご紹介

◆休館日のお知らせ8月12日(土)~24日(木)は館内補修工事のため、休館いたします。ご迷惑をおかけいたしますがご了承くださいますよう、お願い申し上げます。お休み期間中は、チケットセンターもお休みをいただきます。公演のご予約、お問い合わせ、チケット発送業務など、お休みさせていただきます。どうぞご了承くださいませ。尚、宗次ホールの公演チケットは、プレイガイドさんでもお取り扱いしていただいておりますのでご紹...

7/22 イリーナ・メジューエワ ピアノリサイタル

7月22日はイリーナ・メジューエワさんの公演でした。 今年で日本コンサートデビュー20周年を迎えられたメジューエワさん。ドイツ・ロマン主義作品を前半に、そして後半はピアノの美しさを凝縮した詩的な作品を集めて魅せてくださいました。その演奏は力強く、意外と骨太。高音はきらびやか。ノンペダルで太く歌ったと思うと、ふと陰るようなピアニッシモ。楽譜を大切そうに胸に抱いて出ていく姿も、一生懸命深く繰り返されるお辞...

梅雨明け

名古屋も梅雨明けし、あつーい夏がやってまいりました。広小路もすっかり夏模様。宗次ホールオーナーの宗次は、栄から東新町までの広小路の中央分離帯や街路樹脇に、花を植えています。あつーいこの季節は、1時間かけて入念にみずやり。夏はハイビスカス。色はもちろん、イエローです。...

7/17 4Friends 4 the Music

毎年夏の風物詩、アコーディオン奏者 アンジェロ・アクィリーニさんの企画も、おかげさまで10回目となりました。 これまでは基本ヴァイオリンとコントラバスと一緒に演奏するトリオのスタイルが多かったのですが、今年は初の組み合わせによる四重奏。しかもヴァイオリン、クラリネット、トロンボーンとアコーディオン・・・弦、木管、金管を網羅した編成はさながらオーケストラ! チラシに書きました通り、全く新しい組み合わせが...

NPO法人イエロー・エンジェルによる「宗次エンジェル基金 楽器を贈る運動」の第9回楽器贈呈式

7月16日、宗次ホール代表、宗次徳二が理事長を務めるNPO法人イエロー・エンジェルによる「宗次エンジェル基金 楽器を贈る運動」の第9回楽器贈呈式の模様です。 今年は愛知県内の小学校45校、高等学校99校に、合計300点以上の様々な楽器を寄贈いたしました。式典では碧南市立棚尾小学校の子供達によるフルート三重奏とサクソフォン三重奏、そして愛知県立岡崎北高等学校の生徒さんによるクラリネット・アンサンブル。さらにス...

7/15 モーツァルト後期ピアノ協奏曲 連続演奏会第2回

4月と7月、2回にわたる全8曲のモーツァルト後期ピアノ協奏曲連続演奏会が完結。 振り返り見れば昨年の1月から始まった1年半におよぶ長いプロジェクトでした。 多数のリハーサルと楽譜の手直し、そして宗次ホールの外の会場でのプライベートな演奏会などを経て、6名の演奏家が本当にお互いを信頼し尊重し、そしてモーツァルトの音楽の大きな魅力に取り憑かれながらやってきた道のりでした。 さて、この続きをどうするか・...

できたてほやほや!

本日15時からの公演は、4月15日に前編を開催した宗次ホール10周年特別企画 五島史誉と名古屋の弦楽器奏者たちによる「モーツァルト後期ピアノ協奏曲全8曲連続演奏会」の後編です。 演奏曲順は、第22番→第20番→第21番→第27番の順に決定。 冒頭には弦楽五重奏版の「フィガロの結婚」序曲もつきます。... また本日は14:30より約20分間、おなじみ「クラシック音楽の伝道師」で今日の出演者とも縁の深い、アリアCD店主の松本大輔さんの...

マチュピチュの発展に尽力した日本人

日本人なら誰もが知っている、南米ペルーの「マチュピチュ」。しかし、そのマチュピチュ村の発展に尽力した日本人がいたことを、知る方は多くはないかも知れません。今回、9月7日に行われる「シニアいきいきコンサート」にて、マチュピチュ村をつくった日本人・野内与吉さんのお孫さんである、野内セサル与吉さんをお迎えして、お話を伺うことになりました。野内セサル与吉さんのインタビュー記事が、本日のローズ新聞に掲載され...

7/14 大人の音楽学校19時間目 伊福部昭の世界

「大人の音楽学校19時間目」として本日行われたスイーツタイムコンサート「作曲家 伊福部昭の世界」。 ピアノ、ヴァイオリン、歌、そして連弾と、宗次ホールの室内楽空間ならではの選曲で、生命力溢れ日本人のDNAに響く音楽をじっくり味わっていただきました。すでに今日の内容でも時間オーバーでしたが、演奏者側からはもっともっと演奏したかったという声も・・・。(これはいずれ続編を?)(宗次ホール公式facebook...

7/10 澤クヮルテット

7月10日の澤クヮルテットの演奏会風景。結成以来不動のメンバーで、というのを澤先生は「今やにんべんをつけて《不働の》ですよ」とおっしゃるのですが、どうしてどうして。 シューベルトの弦楽四重奏曲3つを、泰然と構えた風格あるやり方で演奏。 他のカルテットと違い、横並びに近いこのポジションも澤クヮルテットならでは。長年指導をつづけている豊田市のジュニアオーケストラの教え子さんたちもたくさん詰め掛け、終演後...