flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

6/20 キム・ヒョンジュン ピアノコンサート

本日のスイーツタイムコンサートは、昨年仙台国際音楽コンクールのピアノ部門で優勝された韓国出身のキム・ヒョンジュンさん。(コンサート当日の宗次ホール公式facebook より) 女性らしい柔らかな表現の中にピシッと芯が通った、説得力ある音楽作り。過去仙台コンクールの入賞者が当館にはたくさん出演していますが、みなさんレベルが高い! モーツァルト、プロコフィエフ、ショパンの各ピアノソナタとシューマンの「謝肉祭...

6/19 プラハ・グァルネリ・トリオ

「ドヴォルザークのピアノ三重奏曲4曲を一度に演奏してみませんか?」というオファーをしたところ、紆余曲折あって「どうしても4曲は長いので3曲で」となった今回の演奏会。人気の第4番「ドゥムキー」とブラームス張りの第3番は外せない・・・あとは第1番、第2番どちらに、と言われて迷いなく第2番をお願いしたのですが、今日マネージャー氏から聞いた話では、彼ら「第2番をやって欲しいと言われるなんてレアなことだ!」...

6/18 The Bistro W

The Bistro W によるイギリスの「無名な名曲」2つとハイドンのスイーツタイムコンサートが終演。( コンサート当日の宗次ホール公式facebook より) ヴォーン・ウィリアムスもブリッジも、次いつ生演奏で聴けるかわからないような秘曲。一般的にクラシックのコンサートはほとんどのお客様が「知っている曲」が聴きたくて来場されると思いますが、そのご期待に全く応えないこんな演奏会がひとつくらいあってもいいかな、...

6/14 シューマン・クァルテット

14日に行われたシューマン・クァルテットの演奏会。宗次ホールへの登場は3度目。 ハイクオリティでアットホーム(まさに兄弟でやってるカルテットだからこそ)な音楽は、さらに磨き上げられて何か次の次元に到達したような気さえ。整った美しさの中に厳しさよりもアンサンブルの愉しさの潜みを感じるモーツアルト、その場の空気の濃淡までをも変えてしまうかのような武満徹「ランドスケープ」。そしてベートーヴェンの作品130で...

6/16 ロバート・ハニーサッカー バリトンリサイタル

ビストロWが明後日の公演へ向けて準備をすすめているところ、宗次ホールでは満席のスイーツタイムコンサート、ロバート・ハニーサッカー氏(バリトン)による黒人霊歌の公演が大盛況の中終演いたしました。お越し頂きました皆様、ありがとうございました!( コンサート当日の宗次ホール公式facebook より) 奴隷に苦しむ黒人達が神へ向けて歌った霊歌は、「水をかき分けて行け!子供達よ!」(奴隷が脱走した際には犬...

6/13 アイルランドからの手紙

「アイルランドからの手紙」と題して、パット・オコーナーさんとオーイン・オサリヴァンさんの伝統的なアイリッシュ・トラッドのスイーツタイムコンサートが終演。( コンサート当日の宗次ホール公式facebook より)もっと派手で現代風にアレンジされたアイリッシュ音楽が目立つなか、このおふたりが作り出す音楽は、家庭からそのままやってきたかのような素朴さが魅力。クラシックのヴィオラ奏者としても活動中のフィド...

6/11 長富彩 ピアノリサイタル

2013年4月以来となる長富彩さん名古屋で2度目のリサイタルが終演。 見かけによらず、インテンポでどっしりとした構えのベートーヴェンを聴かせた前半。そして後半は甘さだけでなくほのかな苦味を忍ばせたリスト。アンコールは一転、華麗な音の渦巻くヴォロドス編曲の「トルコ行進曲」でお開き。サイン会も盛況でありました。( コンサート当日の宗次ホール公式facebook より)...

6/10 藝大×宗次 スペシャルコンサート

東京藝術大学宗次德二特待奨学生の皆さんによる「藝大×宗次 スペシャル・コンサート」が終演。( コンサート当日の宗次ホール公式facebook より) 8名の奨学生の皆さんとそれを支える4名の共演ピアニストの皆さんによる、2部構成約3時間の演奏会。入学試験でピアノ、弦、管打、声楽(大学院のみ)の4つの専攻それぞれの入試成績の上位者に、学費相当の金額を在学中継続して支給するというこの奨学制度。さすがは藝...

6/7 ソフィ・ダルティガロング ファゴットリサイタル

ソフィー・ダルティガロングさんのリサイタルが終演。( コンサート当日の宗次ホール公式facebook より)宗次ホールをとても気に入ってくださった様子。ベートーヴェンのチェロソナタ第2番を吹き終えて舞台袖に戻ってきたときなど、とても満足気でいらっしゃいました。 CDがないのが残念ですが、終演後に快くプログラムや楽器ケースへのサインに応じてくださって上々の盛り上がり。それにしても演奏中よく動く、動く、動く。...

6/3 イリヤ・イーティン ピアノリサイタル

本日はイリヤ・イーティンさんの公演でした。 シューベルトのピアノソナタ第17番ニ長調とラフマニノフのピアノソナタ第1番ニ短調。同主調つながりで選ばれたのか、滅多に生で聴くことのできない珍しい演目を、素晴らしい集中力で聴かせてくださいました。長い長い、大曲二曲でしたが、その美しさに惹き込まれました。アンコールはグルックの「Dance of the Blessed Spirits」。 サイン会にも多くのお客様が並ばれました。... 1...