flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

7/22 イリーナ・メジューエワ ピアノリサイタル

7月22日はイリーナ・メジューエワさんの公演でした。 今年で日本コンサートデビュー20周年を迎えられたメジューエワさん。ドイツ・ロマン主義作品を前半に、そして後半はピアノの美しさを凝縮した詩的な作品を集めて魅せてくださいました。その演奏は力強く、意外と骨太。高音はきらびやか。ノンペダルで太く歌ったと思うと、ふと陰るようなピアニッシモ。楽譜を大切そうに胸に抱いて出ていく姿も、一生懸命深く繰り返されるお辞...

7/17 4Friends 4 the Music

毎年夏の風物詩、アコーディオン奏者 アンジェロ・アクィリーニさんの企画も、おかげさまで10回目となりました。 これまでは基本ヴァイオリンとコントラバスと一緒に演奏するトリオのスタイルが多かったのですが、今年は初の組み合わせによる四重奏。しかもヴァイオリン、クラリネット、トロンボーンとアコーディオン・・・弦、木管、金管を網羅した編成はさながらオーケストラ! チラシに書きました通り、全く新しい組み合わせが...

7/15 モーツァルト後期ピアノ協奏曲 連続演奏会第2回

4月と7月、2回にわたる全8曲のモーツァルト後期ピアノ協奏曲連続演奏会が完結。 振り返り見れば昨年の1月から始まった1年半におよぶ長いプロジェクトでした。 多数のリハーサルと楽譜の手直し、そして宗次ホールの外の会場でのプライベートな演奏会などを経て、6名の演奏家が本当にお互いを信頼し尊重し、そしてモーツァルトの音楽の大きな魅力に取り憑かれながらやってきた道のりでした。 さて、この続きをどうするか・...

7/14 大人の音楽学校19時間目 伊福部昭の世界

「大人の音楽学校19時間目」として本日行われたスイーツタイムコンサート「作曲家 伊福部昭の世界」。 ピアノ、ヴァイオリン、歌、そして連弾と、宗次ホールの室内楽空間ならではの選曲で、生命力溢れ日本人のDNAに響く音楽をじっくり味わっていただきました。すでに今日の内容でも時間オーバーでしたが、演奏者側からはもっともっと演奏したかったという声も・・・。(これはいずれ続編を?)(宗次ホール公式facebook...

7/10 澤クヮルテット

7月10日の澤クヮルテットの演奏会風景。結成以来不動のメンバーで、というのを澤先生は「今やにんべんをつけて《不働の》ですよ」とおっしゃるのですが、どうしてどうして。 シューベルトの弦楽四重奏曲3つを、泰然と構えた風格あるやり方で演奏。 他のカルテットと違い、横並びに近いこのポジションも澤クヮルテットならでは。長年指導をつづけている豊田市のジュニアオーケストラの教え子さんたちもたくさん詰め掛け、終演後...

7/9 マルティン・カシーク ピアノリサイタル

マルティン・カシーク ピアノリサイタル終演。 ヤナーチェクとムソルグスキーのファンタジーに絞って両者の共通点と違いとを浮き彫りにするようなプログラム。 前半と後半で同じピアノとは思えないような違いを錯覚した方もいらっしゃったのではないでしょうか。 それほど多彩な音を引き出すカシークさん。そういえば昨日も敬愛するピアニストとして名前を挙げたホロヴィッツについて「魔法使い」と評していました。「展覧会の...

7/6 大江馨 ヴァイオリンコンサート

本日のスイーツタイムコンサートは第4回宗次エンジェルヴァイオリンコンクールで第3位入賞、日本音楽コンクールでも優勝している大江馨(かおる)さんと、岡崎市出身、作曲家・編曲家としても活躍中のピアニスト山中惇史(あつし)さんによるデュオ。 名曲からちょっと珍しいロドリーゴの「ソナタ・ピンパンテ」まで。 音楽も、そして演奏の合間のトークでも、おふたりの掛け合いが面白く、また颯爽とした演奏にお客様にもご満...

7/4 心に響く日本の抒情を歌う・・CoCoRoni(ココロニ)第19回 西へ東へ 旅のうた

7月4日宗次ホール ココロニ第19回公演「西へ東へ旅のうた」へのご来場まことにありがとうございました。 台風接近中という状況にもかかわらず満員御礼。元気よく「鉄道唱歌」で出発し、ご当地ソング、民謡・・・などなど、今回は新曲もちょっと多めでお送りしました。そして前半は女性陣が新しい衣装で! メゾソプラノの加藤愛お手製の「レ...トロ」をテーマにしたもので、ポイントは10個のボタンと、並んだ時に皆の裾の長さが...

7/3 山本貴志&佐藤卓史 ピアノデュオ・コンサート

本日のスイーツタイムコンサートは当館でもお馴染みの山本貴志さんと佐藤卓史さんのWタカシによる2台ピアノ公演でした!それぞれに異なる個性と魅力が溢れる二人のタカシさん。 モーツァルト:2台ピアノの為のソナタ ニ長調とショパン:ロンドではI:山本さん、II:佐藤さん。 シューベルトロンド イ長調(連弾)ではI:佐藤さん、II:山本さん。最後チャイコフスキー(エコノム編):くるみわり人形ではI:佐藤さん、I...

7/1 田部京子 ピアノリサイタル

今年も折り返し地点、本日の公演は田部京子さんのピアノリサイタル。 浜離宮朝日ホールで継続中のシリーズ「シューベルト・プラス」と同一内容で並行して開催してゆく企画、その2回目です。ベートーヴェンのピアノソナタ第31番とシューベルトの即興曲集op.90、そして同じくシューベルトのソナタ第19番。シリアスで作曲者の思いが凝縮された濃い作品を丁寧に彫り深く弾きこんでゆく演奏に、のこもった拍手が送られました。 次回は...