flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

2/19 ロイスダール弦楽四重奏団

そう言われてみれば、宗次ホールにオランダのカルテットが来演したのは初めて。ロイスダール弦楽四重奏団はお人柄同様音楽にも全く気取ったところのない、とても気さくで自然体なカルテットでした。(コンサート当日の宗次ホール公式facebook より) 前半のロシア音楽2曲では、しっかりと不足のない表現の中で、どこか常にジェントルに作品と向き合っている感じ。 細部の作りがとても丁寧で、淡い部分もしっかりと描き分ける...

2/18 曽根麻矢子 チェンバロリサイタル

本日はチェンバロ奏者、曽根麻矢子さんのリサイタル。( コンサート当日の宗次ホール公式facebook より) 昨年11月「大人の音楽学校」企画としてレクチャーコンサートを行ったうえでの今回のリサイタルは、チェンバロ音楽の魅力を凝縮した濃厚なプログラム。 クープラン一族から3人の曲を時代を追って聞けたうえに、ラモーの人気曲「優しい訴え」と「一つ目巨人たち」の2曲で前半を終え、後半はバッハのフランス組曲...

2/17 渡辺克也 オーボエリサイタル

今夜のリサイタルは、ヨーロッパで活躍し続ける、日本を代表するオーボエ奏者、渡辺克也さんのリサイタルでした。ピアノは小林有沙さん。( コンサート当日の宗次ホール公式facebook より)  渡辺さんのオーボエの音は本当に豊かで、遠くの席までもぐんぐん届いてくる、太さのような、力強さのような音色が素晴らしかったです。 そして息の長さ、それを全く感じさせない演奏。アウグスト・デ・ブークやマイケル・...

2/15 鈴木舞&實川風 デュオコンサート

本日のスイーツタイムコンサートは、10年近く共演してきたという鈴木舞さんと實川風さんとの同級生デュオ。( コンサート当日の宗次ホール公式facebook より) エルガーやクライスラーなどの有名曲の小品から、技巧が冴え渡るプーランクやフランクのヴァイオリンソナタまで、お互いの掛け合いが絶妙、かつダイナミックな演奏で会場を湧かせてくださいました。 お二人は9月20日にCDをリリース予定で、今日演奏されたプー...

2/13 兪派中国笛で贈る玉笛の悠久なる調べ ― 玉笛飛声 ―

本日のスイーツタイムコンサートは、劉一(リュー・イー)さんによる中国笛のコンサートでした。( コンサート当日の宗次ホール公式facebook より) 当館おなじみのティンティンさんの解説により、漢文とのつながりや、中国笛の仕組みなどもわかりやすく教えて頂きました。  笛もさまざまな種類があり、写真のように長くて覆いかぶさるように演奏するものから、たった9センチにも満たないような短いものまで!そ...

2/9 リカルド・ガジェン ギターコンサート

本日はスペインのギタリスト、リカルド・ガジェンさんによるスイーツタイムコンサート。 前評判から期待されていた以上の素晴らしい演奏に、熱い拍手が湧いていました。 3年前から名古屋ギターフェスタを夏に地元のギタリストのみなさんとともに企画するようになってから、当館でのギターのコンサートが増加傾向ですが、まだまだ世界にはすごいギタリストが沢山いらっしゃるのだなぁと改めて思わされました。 客席には今月2...

2/7 ロマーン・ロパティンスキー ピアノコンサート

一昨年の浜松国際ピアノコンクールで第2位を受賞したウクライナのロマーン・ロパティンスキーさんによるスイーツタイムコンサートでした。( コンサート当日の宗次ホール公式facebook より) バッハからストラヴィンスキーまで、そして弱音から壮大なフォルテシモまで・・・ロパティンスキーさんの若さと才気が噴き出してくるようなプログラム。 ストラヴィンスキーでは秘孔を突くようなタッチにピアノがたまらず断弦...

2/6 須田祥子&松本望 デュオ・コンサート「ビオラは歌う」

今日のスイーツタイムコンサートは、東京フィルハーモニー交響楽団の首席ヴィオラ奏者、須田祥子さんと、ピアニスト松本望さんのデュオでした。( コンサート当日の宗次ホール公式facebook より) 「ビオラは歌う」というタイトルで2枚のアルバムをリリースされているので、そこに収録された曲を中心にとプログラムを考えていたのに、いつの間にかほとんどがCDに入っていない曲ばかりのコンサートになってしまった、...

2/4 川畠成道 ヴァイオリン・リサイタル

本日は川畠成道さん(ヴァイオリン)と、山口研生さんの(ピアノ)公演でした。(コンサート当日の宗次ホール公式facebook より) 前半はベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ「春」とバッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番で大きな作品をじっくり聴いて頂き、後半は川畠さんの衣装もがらりと華やかに変わって、メンデルスゾーン:歌の翼に やドヴォルザーク:スラヴ舞曲等、耳馴染みの良い小品をお楽しみ頂き...

2/5 ロナルド・ブラウティハム フォルテピアノ リサイタル

昨日は"King of the Fortepiano"とも評される、オランダの鍵盤楽器奏者、ロナルド・ブラウティハム氏の当館初来演。 水に遊ぶ魚のように自在なモーツァルトと、当時これを書いた作曲家はなんという革新的な作品を書いていたのだろう・・・ということを強く印象付ける、いまその場で生まれたかのように鮮烈なベートーヴェンのソナタ3曲。 2時間のコンサートはその長さを感じさせずあっという間に過ぎ去り、アンコールの「エリ...