flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

ティモ・コルホネン ギターリサイタル 「バッハの海へ」

フィンランド出身で世界的に活躍中のギターリスト、ティモ・コルホネンさんの演奏会が29日行われました。バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータから4曲を披露。編曲はご本人によるもので、ロマン派時代にしばしば行われた過剰な装飾を排してバッハがもしこの6弦のギターのために作曲したのなら・・・ということを念頭において注意深くアレンジしたそうです。楽譜を沢山並べて演奏しました。譜面台ではスペースが足りず...

イギリスの巨匠ジョン・リル来演

新年はじまって初の本格的ピアノリサイタルはチャイコフスキーコンクールで1970年に優勝しているイギリスの大家、ジョン・リルさん。バックハウスと並ぶ大ピアニスト、ケンプの愛弟子で、ベートーヴェンの演奏では大変高く評価されている、という評判は訊いていましたが、これほどとは! あっさり終わったリハーサルからは想像できない巨大な音楽がホールを満たしました。終演後は稀に見る客席の興奮度で、鳴り止まぬ拍手に巨匠は...

チェロの兄弟

1月27日のディナータイム名曲コンサート「バロックの足跡」ではバロックチェロに加えてピッコロチェロが登場!左が通常のバロックチェロ(大きさは現代のチェロとほぼ変わらず、大きな違いは弦がガット(羊の腸で出来ている)で出来ていること。右がちょっと小ぶりでずんぐりした弟分。でも凄いんです。頭のところにご注目。ペグが5つ! 5弦チェロなんです。通常は下から順番にド・ソ・レ・ラの4本ですが、このピッコロチェ...

新シリーズ「バッハの海へ」

昨年11月、アリーナ・イブラギモヴァさんの素晴らしいバッハの無伴奏ヴァイオリンパルティータの演奏会を宗次ホールで実現することが出来ました。ただ残念なことに、東京、所沢会場が満席になる中、宗次ホールでは空席が目立ちました。何とかして、バッハの音楽を存分に伝えてくれる音楽家をもっと多くのお客様に聴いて頂きたい。そのためには、演奏家の知名度に頼らない、バッハの作品を中心に据えた展開をしなくては・・・そして...