flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

チェコの名手、マルティン・カシーク ピアノ・コンサート【8/19】

8月19日のスイーツタイム・コンサートに出演したのはチェコのピアニスト、マルティン・カシークさん。チェコというと弦楽器のイメージが強いのですが、ヨセフ・ハーラ、ヤン・パネンカ、ルドルフ・フィルクスニー・・・など巨匠と呼ばれるピアニストを多く輩出しています。これらのチェコのピアニストに共通するのは、派手な効果を狙ったはったりとは無縁の、職人的で手堅い音楽運び。カシークさんは1975年生まれ。現在プラハ音...

完売御礼! ミケランジェロ弦楽四重奏団と中木健二さんの共演 【8/16】

お盆の真っ只中に行われたミケランジェロ弦楽四重奏団の演奏会。ヴィオラの今井信子さんを中心に、百戦錬磨の名手が集ったクァルテットでデビュー直後から高く評価されてきました。この名古屋での演奏会は、ミケランジェロ弦楽四重奏団がサイトウ・キネン・フェスティバル松本に急遽出演決定したことに伴い実現したものです。そして名古屋と松本で同じプログラムを演奏することが先に決まっていたのですが、問題は、後半のシューベ...

女声アカペラの可能性に挑戦するグループ「Aura」(アウラ)【8/11】

宗次ホールで2007年12月以来、コンスタントに毎年2回の公演を重ねている女声アカペラグループ「AURA」の皆さん。今月では結成当初からのメンバー佐藤悦子さんの引退が決定しており、これが佐藤さんの加わったAURAを聴く最後の機会。そして佐藤さんに代わって加入した奥脇泉さんにとっては初めての宗次ホール。さらには昨年12月まで出演していた内野明香さんが引退して、新規加入した大石悦代さんも同様に初宗次・・・と...

大好評企画「究極の混声合唱」~第2弾!【7/28】

懐かしの合唱曲を4人の歌手とピアノの最少編成で歌い上げる、という「究極の混声合唱」の第2弾が7月28日に行われました。2月の第1弾が思いがけず大好評の上満席御礼。次回も是非、という多くの声にお応えして、アンケートで「これが聴きたい」と名前があがった曲目やメンバーが特に思いいれの有るレパートリーを盛り込んだ第1弾にも増して濃い内容になりました。今回は演奏者の配置にも工夫を。ピアノと歌手が向かい合い、...

タダでチラシが届きます!!~宗次フレンズ会員大募集中♪~

新サービス始動!宗次フレンズ・・・「宗次ホール友の会」を英語にしただけじゃないか、というツッコミはともかく、このサービスどんなものかご説明します。(命名は「クラシック音楽広め隊&届け隊」や「スイーツタイム・コンサート」と同様 N支配人なのです!コッソリ)宗次ホールもオープンから6年が過ぎ、当館の代表、宗次が全国津々浦々で講演に参りましたり、ラジオや雑誌等で取り上げていただいたり・・・ということも積み重...

辻本玲 チェロリサイタル 【7/27】

「鳴り渡る名器ストラディヴァリウスの響き」NPO法人イエロー・エンジェル(理事長:宗次徳二)より貸与中のストラディヴァリウスのチェロを使用する辻本さんのリサイタルが行われました。若手離れした堂々たる恰幅の良い音楽作りが辻本さんの特徴。五嶋みどりさんも彼の音楽を絶賛しています。リハーサルでも楽器が鳴るわ鳴るわ・・・チェロとピアノのデュオを宗次ホールで演奏すると時にピアノがチェロに覆いかぶさるようなバ...

13人の女性クラリネット奏者たち! NYリコリッシュアンサンブル【7/25】

7月25日に開催されたNY(ニューヨーク)リコリッシュアンサンブルの演奏会。ニューヨークで学んだ経験をもつ日本人の女性クラリネット奏者が一同に会してのアンサンブル。このほどデビューCDをリリースされたそうで、そのお披露目を兼ねてのリサイタルでした。舞台袖はこのとおり。沢山のクラリネットやリードケースなどの小物が所狭しと並んでおります。(本当はピアノの上に物を置くのは好ましくないのですが、 舞台袖の広...

チビッ子大集合!!夏休み特別企画♪

宗次ホール初!の「夏休み特別企画 宗次ホールの響きの秘密を探る音楽の旅」第1回が8月6日に行われました。(お陰様で完売でした。)わたくしもこの日は、お客様として息子と楽しみました。(かなり前から、とてもこの日を楽しみにしておりました♪)子どものための企画とあって当ホールでは珍しい光景。いつもの公演とちょっと違ったお子様たちのワクワク感が開演前からホールいっぱいに溢れておりました。本日の公演を企画した...

24年目の弦楽四重奏~エルデーディ弦楽四重奏団【7/16】

7月16日には宗次ホール4度目の出演エルデーディ弦楽四重奏団のコンサートが行われました。弦楽四重奏曲の中でも特に傑作として知られるベートーヴェンが晩年に書いた5曲の弦楽四重奏曲。その端緒となった第12番をメインに取り上げつつ、前半では現在のドイツ国歌のメロディーも登場するハイドンの「皇帝」そして、今年生誕100年のメモリアルイヤーイギリスの作曲家ブリテンの最後の作品である弦楽四重奏曲 第3番を取り上げま...

今年で5回目! アンジェロ・アクィリーニ・トリオ【7/14】

このところ公演レポートがリリースできず楽しみにしていた方には申し訳ありませんでした。これより毎日更新!を目標に7月後半からこれまでの演奏会の様子をお伝えしたいと思います。さて、その最初は、宗次ホール夏の風物詩ともなっているアンジェロさんのアコーディオン・コンサート。今回はいつもより約1ヶ月早い、7月14日に開催されました。リハーサルを座席で観ているのはアンジェロさんのお母さんです。この立派なアコー...