flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

2/19 弓場さつきオカリナコンサート

オカリナがこんなに可能性を秘めた楽器だとは、ときっと驚かれた方も多かったのではないでしょうか。 土笛とは思えないほどの機動力は、もちろん弓場さんのテクニック似寄るところも大きいのですが、楽器の発展も見逃せないところです。 ひとひとつ手作りで焼成による縮み方で音色や音程も変化する繊細な楽器。貴重な巡り合わせで生まれる澄んだ暖かい音は、リコーダーにも似ていながら、同時に陶器の硬さもあって、独特の魅力...

2/18 ティム・カーター クラリネットコンサート

本日のスイーツタイムコンサートは、2007年から2年間、名古屋フィルハーモニー交響楽団首席クラリネット奏者を務めていらっしゃった、ティモシー・カーター(Timothy Carter)さんの公演でした! ピアノに井澤久美子(いざわくみこ)さんをお迎えして、ショパン、ラフマニノフ作品の編曲版、後半には今年生誕100周年となるバーンスタイン「ウエスト・サイド物語」からSomewhere/Tonight/America、そしてガーシュウィンと、ア...

2/17 Yui&近藤由貴 デュオリサイタル  Vivid Classics vol.3

ヴァイオリニストYuiさんとピアニスト近藤由貴さんのデュオによる《Vivid Classic》が終演。 3回目となる今回はロシアの音楽を中心に、とはいえ、ストラヴィンスキーや近藤さんが得意とするカプースチンのヴァイオリンソナタが加わると、もうロシア音楽というよりは、国籍不明な「音のおもちゃ箱」という感じ。 まさにヴィヴィッドなコンサートになりました。 ...

2/12 セバスティアン・マンツ クラリネットリサイタル

セバスティアン・マンツさんのクラリネットを中心に、「ブラームスの夕べ」と題したコンサートでした。 晩年の作品を集め、確かにしみじみとしたところ、枯れた味わいもたくさん聴けるのですが、マンツさんの明るい音色と耳元でささやくような甘い弱音にかかると、晩年というよりは青春の音楽のような気も。 ピアニスト今峰由香さんのソロで冒頭に演奏された6つの小品(Op.118)は、実はマンツさんたっての希望でプログラムに入...

2/11 波多野睦美&高橋悠治 「冬の旅」

終演して外に出てくると、折しも雪が・・・。 波多野睦美さん、高橋悠治さんによる「冬の旅」。 お二人がこの名曲から紡ぎだすのは、ドイツ歌曲のようでドイツ歌曲でないような、言葉は確かにドイツ語だけれどもシューベルトがもっと私たちの身近にいるような存在として、私たちにもわかる言葉で語りかけてくるような、そんな不思議な世界。 だから聴き手は静かに共感してしまう・・・。24曲が途中の小休止をのぞいてひと続...

2/10 平野公崇 サクソフォンリサイタル

平野公崇さんのサクソフォン・リサイタル。 チラシに「サックスはここまで来た!」と大きく書きましたとおりで、比較的歴史の浅いこの楽器の底知れぬ可能性を聴いたような気分。  バロックから、現代のデニーソフ。そしてアンコールは平野さん自身のアレンジと即興、そしてスーパーテクニックが惜しげも無く注ぎ込まれたバッハの平均律クラヴィーア曲集からのハ短調プレリュード。まさに圧巻でした! ...

【2018年2月 おすすめ公演(4)】2/25 ケネス・ワイス チェンバロリサイタル

繊細なタッチとフレージング、超安定したリズム 完璧な技巧をもって、オーケストラ並に複雑な 多声音楽の全ての細部に光を当てる演奏…譜面から、我々の想像を超越する世界を引きだす! (ディアパソン誌) バッハの緩やかな楽章、柔らかに創られる旋律線は、まるで歌を聴いているかのよう (ニューヨーク・タイムズ紙) クリアな運指、ドラマティックな構築 その装飾音、絶妙なアゴーギグも格別! (ワシントン・ポスト紙...

【2018年2月 おすすめ公演(3)】2/19 弓場さつき オカリナコンサート

2月19日(月) 弓場 さつき (オカリナ) 加藤 優太(クラシックギター) 宗次ホールで開催されるオカリナの公演はいつも大人気の完売です。今回も既に残席がどんどん少なくなっていっています! 今回ご出演頂く弓場(ゆば)さつきさん、そのお名前は、ジブリ「となりのトトロ」に出てくる“さつき”が由来だそう!さつきさんは、「トトロ」の中でさつきとメイが夜にオカリナを吹いているシーンを見て初めてオカリナの存在...

【2018年2月 おすすめ公演(2)】2/18 ティモシー・カーター クラリネットコンサート

宗次ホール久々の登場となる、カーターさんです!2007年から2年間に渡り、名フィル首席クラリネット奏者としても活躍をされていたので、馴染み深い方も多いかと思います。今回は「クラリネット再発見!」と題して、前半はショパンの前奏曲「雨だれ」や練習曲「エオリアン・ハープ」、「幻想即興曲」等とラフマニノフの作品を、そして後半はバーンスタインとガーシュウィンのアメリカの作品をクラリネットで聴かせてくださいます!...

明日は・・・ セバスティアン・マンツ クラリネットリサイタル

明日は休日ですが少し遅く17:00開演です。めったに第1位を出さない厳格な審査で有名な、ミュンヘン国際コンクールのクラリネット部門で40年ぶりに第1位を受賞した、現在シュトゥットガルト放送響の首席奏者、セバスティアン・マンツ氏とミュンヘン音楽大学ピアノ科教授、知る人ぞ知る名手今峰由香さんによる、オール・ブラームス・プログラム。クラリネット三重奏曲では、来月2日間3公演でベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲を...