flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

6/24 山本裕康&景山梨乃 デュオリサイタル

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

今夜の演奏会はチェリスト山本裕康さんとハーピスト景山梨乃さんのデュオリサイタルでした。

(当日の宗次ホール公式facebook より)


19396673_1609920689060934_6819469441197192173_n.jpg


チェロとハープという二つの楽器のための「ソナタ」が世の中にどれだけあるかわかりませんが、

そのうちの2曲が演奏された貴重な機会。

そしてそのうちの一つの作曲者、ダマーズさんは景山さんの留学時代に試験の審査もしていらっしゃったとのこと。

音楽はもっと昔のもののようでいて、実は最近までご存命だったのですね。


画像に含まれている可能性があるもの:1人



今日は曲も珍しいのですが、もう一つ珍しい風景が。それはハープの「譜めくり」さんです。

普段ピアノの場合は舞台の奥に座っていてあまり目立たないのですが、

今日は客席を向いて座っていたので、

最初「あの人は何?」と思われた方もいたかもしれません。


画像に含まれている可能性があるもの:1人


譜めくりしていただいた方によると、

やはりピアノの場合よりも客席を向いているぶん緊張するそうです。





画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内



画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)


さて、演奏とともに、

全く打ち合わせなしのお二人のほのぼのとしたトークもまたこの演奏会ならでは。


画像に含まれている可能性があるもの:1人


ハープのことを「卵スライス器」(正式名称わかりませんが)みたいと表現するのは初めて聞きました。



画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル


関連記事

0 Comments

Post a comment