flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

改修工事6日目

Category宗次ホール・トピックス

改修工事6日目。



今日はいよいよホールの核心部、舞台の磨きに着手。


画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)


つい先日まで改修工事で休館されていた「長久手市文化の家」でも舞台の研磨を担当したというヒカリ美装さん。


画像に含まれている可能性があるもの:室内


今回新たに導入した吸引機を使いながら、なるべく粉塵が飛び散らない施工で臨んでいただきました。


画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)


削り始めて漂うヒノキの香り。


自動代替テキストはありません。


「このままでもきれいですね、いい材を使ってある」と職人さんも太鼓判の宗次ホールの舞台床。

今回は1mm削るだけなのでエンドピンの穴はそのまま。

なぜなら凸凹、実は音の乱反射を引き起こすので、ホールの響きにも大きな影響を与えます。

今回は削り過ぎず、傷をあえて残す事で、響きの大きな変化を防ぐ狙いです。


自動代替テキストはありません。


丸一日かけて削り終えると、ご覧のような袋3つ分のサラサラなヒノキ粉が集まりました。


自動代替テキストはありません。


ホールの真上から見下ろすと見事に真っ白つるつるな舞台。

しかし、すぐに1度目の塗り作業へ。


20841963_1677440512308951_5860901006409400068_n.jpg


塗りを始めたところで宗次オーナーも見学。



画像に含まれている可能性があるもの:室内


このまま一晩乾燥させて、明日サイド滑らかに磨いてからの2度塗り、3度塗りと工程が続きます。

関連記事

0 Comments

Post a comment