flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/9 エミネント・デュオ

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

本日のスイーツタイムコンサートは、ウィーンを拠点に活躍中の、ヴァイオリン杉浦萌子さんとギターのネイツ・クハルさんによる「エミネント・デュオ」。

クハルさんは作曲家でもあり、今日はご自身の解説を交えて2曲をお聞きいただきました。


エミネント1


エミネント3


エミネント2


パガニーニ、バッハ、シューベルトでの様式感をきちんと踏まえたアプローチ、それに対して一転して最後のピアソラのドラマティックな表現に、先日ドイツのコンクールで優勝してきたばかりという勢いを感じました。





ところで、このコンサートでは宗次ホールの開館以来初の快挙が!

アンコールに移る前に「サプライズがあるんです・・・」とクハルさん。

なんとなんと指輪を取り出し「僕と結婚してくれませんか?」と。スタッフにも、もちろん杉浦さんも知らされていなかった全く突然のクハルさんの行動に、会場のお客様もどよめきましたが・・・

杉浦さんの戸惑いながらもしっかりとした「Yes」の返事に客席は大喝采。

そして演奏されたアンコールが「恋は魔術師」からのスペイン舞曲。


エミネント4


終演後二人が手にしていたマイクをみてみたら汗びっしょりでした。

本当にクハルさん、「Noだったらどうしよう」と緊張したそうです。

(そういえばリハーサルの際に「本番、録画してますか?」と確認していたのはこのためだったのか、と納得。)


エミネント5


ともかくお客様にとっても、スタッフにとっても、忘れがたい素敵な出来事になりました。

どうぞ末長くお幸せに!!!!

関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。