flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/18 神尾真由子 ヴァイオリンリサイタル

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
一昨日、宗次ホール初登場の神尾真由子さんのリサイタル。

30762732_1960108744042125_1265325720775688192_n.jpg 

ヴァイオリンの貸与が始まったご縁によるこのリサイタル。

神尾さんの人気を示すかのように、発売後早い段階で完売の人気ぶりでした。


30725838_1960108757375457_3166191010904539136_o.jpg 
ピアニストは神尾さんと同じ年のチャイコフスキー国際コンクールで最高位のミロスラフ・クルティシェフさん。

お二人の共演は、室内楽的な対話というよりも、ソロとソロが衝突して新たな光を放っているかのよう。

また後半の近現代作品では、作品のキャラクターを曖昧さなく、はっきり端的に演奏で表現され、音楽の難解さよりも心地よい緊迫感が印象に残りました。

30742745_1960108824042117_3153728961431732224_n.jpg 

アンコールは本編最後の「ポーギーとベス」と同じく、ハイフェッツの編曲による「剣の舞」と「ホラ・スタッカート」。


30741755_1960108740708792_3135099562260168704_n.jpg 
終わってみれば2時間を超えるリサイタル。
当日中に名古屋を離れなくてはならないタイムリミット迫る状況の中、神尾さん、クルティシェフさんには、ギリギリの時間までサイン会に応じていただきました。
関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。