FC2ブログ
flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/21  クリストフ・コワンと仲間たち

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

チェロの巨匠、ガンバの巨匠、古楽の巨匠・・・クリストフ・コワン氏と、パートナーでもあるマリア=テクラ・アンドレオッティさん(フラウト・トラヴェルソ)、そして金子陽子さん(フォルテピアノ)による室内楽。


31172212_1961667147219618_1432003497338863616_n.jpg 


やはりその曲が作られた当時のその楽器だからこそ、聴こえてくるものがあるというのを実感するとともに、古典派からロマン派への音楽史の転換の時代に、今有名な作曲家以外にもこんな人が存在していたんだということを再発見する興味深いコンサートになりました。


31052116_1961667143886285_390369345605206016_n.jpg 


目玉である本物のアルペジョーネは、1851年製のもので、おそらくアルペジョーネが廃れていく本当に最後の頃に製作されたものだろうとのこと。


31064423_1961667153886284_6005078240811548672_n.jpg 


フレットがあることによる特有の明快な音の移り変わりの機動性。ただし、フレットにより音程の自由が制限されて、弦が緩んでくると全体的に音程が下がってしまう弱点などもあって、扱いが大変難しいのだそうです。が、さすが巨匠。

この楽器を朗々と鳴らしていました。


31091842_1961667257219607_8331322086983204864_n.jpg 


30744068_1961667260552940_8441757588927807488_n.jpg 

関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。