FC2ブログ
flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

スタッフ激推しランチタイムコンサート★vol.2

Category未分類
こんにちは。
今日ご紹介したいコンサートはこちら★★★
20190706L2.jpeg
20190706L.jpeg

ピアニストの安藤玲奈さんは、高校卒業後からドイツへ渡り、
ドイツ国立シュトゥットガルト音楽・演劇大学及び大学院をいずれも最優秀の成績で修了されました。
音楽家の方はその多くが海外留学を経験されますが、
まだ10代のうちから故郷を離れて、異国の文化・音楽を学ぶには強い覚悟が必要です。
安藤さん自身、芯の強さを感じさせるお人柄で、演奏にも凛々しさが漂います。


動画もたっぷりご覧いただけます!
なかなかマニアックな(安藤さん、ごめんなさい)選曲も聴けます。

安藤さんは、中学3年のときにドイツで開催されたコンクールに出場され
そこで初めて海外でピアノを学ぶ同世代の演奏を聴き
いわゆるカルチャーショックを受けたそう。
ひとりひとりに煌めいた個性があり、自分のスタイルが確立されていること、
演奏の面だけではなく、それぞれがしっかりと自分の考えを持っていること。
「いつか絶対にドイツに留学して住みたい!」と
このコンクールでの出会いを機に思われたそうです。

そして、思い描いた通り、ドイツへ留学された安藤さん。
音楽と真剣に向き合い、自分はどんな音を出したいのか?
どうしてこう弾きたいと思うのか?自問する日々の中で
安藤さんが感じたことを次のようにおっしゃられています。

安藤さんのブログより抜粋
*************
「意志や個性は、音に現れる」ということです。

自分の考えを持っていて、個性を大事にし、自分の感性に従って作られた音楽や演奏には“不変的な魅力”が宿っています。

そのような音楽に、私は“聴き飽きた”という経験はありません。

いつまでも、私の心をつかんで離さない磁力があります。

*************
しなやかに、丁寧に、しかし確固たる意志を感じさせる安藤さんの演奏を
ぜひ宗次ホールでお楽しみください。

また、このコンサートでは、“NPO法人日本話しことば協会A級認定講師”であり
過去にはプラネタリウムのナレーションも務められた経験のある光本眞理さんが
曲の紹介だけでなく、天の川にまつわるエピソードなどもお話してくださります。
音楽のプロとお話のプロによるコラボステージです!

多くのお客様に聴いていただけると幸いです。
ご来場をお待ちしております。






関連記事

0 Comments

Post a comment