flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

和波さん&土屋さんの取材風景

Categoryインタビュー・取材
ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ全曲演奏会 

5月14日 (土) ① 15:00開演  ② 18:00開演
5月15日(日)  ③ 15:00開演  ④ 18:00開演


2日間4連続公演にてたっぷりとお楽しみ頂けます

4月15日の朝日新聞取材にて
取材
今回の取り組みについて、熱くインタビューに答えていらっしゃいました 

2003年に東京にてベートーヴェン全曲リサイタルを開催しましたが、
木曜日ごとで3週間というスケジュールでした。
今回は集中して順番に演奏していくので、いままでよりも、もっと集中しなければいけない
新たなチャレンジが、とても楽しみです 

毎年一人の作曲家に絞って、テーマを決めて演奏に取り組んできたとの事。
その作曲家の人となり、思い入れ、時代、いろいろなものを知る事が出来るそうです。

取材ふたり
実はおふたりは演奏家同士ですが、ご夫婦でもあり、
息のピッタリ合ったデュオはなるほどね~  と、知り合って35年の絆ですね。

和波さんとは、土屋さんが同級生の伴奏者として始めて出会ったそうで、
その時の曲は ベートーヴェンの「スプリングソナタ」だった!と懐かしそうにお話し下さいました。

また、本日はCD録音の帰りに名古屋へ寄ったのですが、
CDは冷凍食品! 
演奏会はできたての食事!
アメリカ演奏の際も、聴衆が上手くのせてくれて、凄く開放的な気分になれ
のびのびと演奏できました。

バッハは65歳
ベートーヴェンは60歳
和波さんも60歳を越え、若い時には判らなかった音楽のボキャブラリーも増えたので、
いろいろな表現をしたい!と意気込みを語って下さいました。

ホールへ移動して取材用写真 
舞台写真
今回の演奏について質問され
初期、中期…と代わっていく、古典から次へいく流れを
弓の使い方、左手のポジションを見直しピアノと話をしながら
自然な演奏を心がけたい。

土屋さんは時代にふさわしい音色。それには包容力、考えた上での奏法、
ヨーロッパのセンス。
歳を重ねてより理解出来て、それを次へ伝えたい。

笑顔ふたりタテ
デビュー40周年に、はじめて夫婦でデュオを演奏 
室内楽が得意で、意見交換は濃厚だそうで…
いまでもピアノ(奥様)には頭が上がらない と仲良く笑っていたのが印象的でした。

深い絆があるからこそ、演奏での戦い?が想像を超えた素晴らしい音色が生まれ
二人のあたたかい笑顔のハーモニーを奏でるのだと思いました 

是非、多くの方に
電車で次々と景色が通り過ぎるが如く
ベートーヴェンを、時代を感じ取って欲しい と…


(スタッフ/え)
 

関連記事

0 Comments

Post a comment