flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

旭野高校吹奏楽部!!

Category宗次ホール・トピックス
5月23日のスイーツタイムコンサートに出演したクラリネット奏者、橋本杏奈さんが、愛知県立旭野高等学校の音楽部を訪問しました。

クラパート
クラリネットのパート練習では、基本を一人ずつに丁寧に教えていらっしゃいました。


全体演奏
その後の全体練習では、リラックスする事や息の出し方、リズムの取り方等
ゆっくり丁寧にお話して下さいました。
(実は生後6ヶ月からロンドン在住なので日本語が心配、とおっしゃっていましたが全く問題無し!)

一緒
全体合奏では初見で生徒たちと一緒に演奏しました 

でもでもホントはとっても凄い方で
8歳でクラリネットを始め、ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージックのジュニア部在学中には、
奨学金及び数々の賞が授与されて。
日本においては、2003 年「第3回ヤング・クラリネッテイスト・コンクール」で優勝と同時に33つの副賞すべてを獲得、
翌2004 年には「第6回日本クラリネット・コンクール」に最年少入選し「パルテノン多摩賞」を受賞。
2006年、5つのオーケストラとモーツァルトの協奏曲を演奏したほか、その後も九響、日本フィルなどと協演。
橋本杏奈 with 日本フィル

そして昨年11月、第1回コルトレイク国際クラリネット・コンクール(ベルギー)で
既に国際的に活躍している強豪を退けて優勝をさらいました!

ロンドンでは音楽家にとっては夢の舞台といわれる名門ウィグモア・ホールやカドガン・ホールに出演。バッキンガム宮殿やパリの英国大使館でのガラコンサートに参加。2004年、15歳でイギリス室内管弦楽団とのコンチェルト・デビュー以来、同オーケストラとは度々共演を重ね、2009 年にはウラディミール・アシュケナージ氏の指揮で協演。
橋本杏奈 with アシュケナージ


そんな彼女に直接指導してもらえた高校生たち、
今年のコンクールは金賞めざしてがんばって下さいね。 
全員
顧問の先生・部員のみんなで杏奈さんと記念写真を 

5月27日(金)18:45には
宗次ホールにて再び、杏奈さんと彼女の師匠である
マイケル・コリンズさんのデュオリサイタルが開催されます。
こちらの師弟デュオも聴き逃せません。是非お越し下さい!


アンナ・ハシモト(裏)

旭野高校 江上教頭先生・顧問の浅井先生・柿本先生お世話になりました 


(スタッフ/え)










関連記事

0 Comments

Post a comment