flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

ティモ・コルホネン ギターリサイタル 「バッハの海へ」

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
フィンランド出身で世界的に活躍中のギターリスト、
ティモ・コルホネンさんの演奏会が29日行われました。

バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータから4曲を披露。
編曲はご本人によるもので、ロマン派時代にしばしば行われた過剰な装飾を排して
バッハがもしこの6弦のギターのために作曲したのなら・・・ということを念頭において
注意深くアレンジしたそうです。

楽譜を沢山並べて演奏しました。
譜面台ではスペースが足りず、急遽、板を小さなテープルの天板に貼り付けたものを作りました。

CIMG0180mini.jpg

舞台に机と椅子がぽつんと。明かりも天から降り注ぐようにぽつんと・・・。
まるで講談でも始まりそうな雰囲気の中で演奏。

CIMG0192mini.jpg

演奏会が終わってサイン会。ご来場いただいた人数の割に
沢山お買い求めいただきました。

CIMG0199mini.jpg


演奏会終了後、宗次オーナーとポスターの前で。

CIMG0203mini.jpg


「東京で友人のシンイチ・フクダが、名古屋に行ったら手羽先を食べなきゃって言うんだ」
とおっしゃるティモさんを、演奏会後、近くの某手羽先居酒屋チェーンへお連れしました。

CIMG0208mini.jpg


もぐもぐ・・・・

CIMG0210mini.jpg


カンパイ!(フィンランドでは Kippis! だそうです)


※その後の話・・・
お食事の後、演奏に際して”フーリン”が必要な曲(日本の作曲家の作品)があって、
どこかに売っていないか、というんで、近くのショッピングモールへ・・・
確か和風の雑貨屋が入っていたはず、と、車で一緒に向かいました。
しかしこの寒いなか、風鈴は無く、ティモさん無念。
「風鈴は夏だけだなんて作曲家は言ってなかったよ!
 日本に行けばいつでも風鈴があるとおもったのに!!」


(スタッフ/にしの)

関連記事

0 Comments

Post a comment