flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

辻本玲チェロリサイタル

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
2月18日には、新進気鋭のチェリストとしてまさに今売り出し中の
辻本玲さんのリサイタルでした。

とにかくどっしりとした音とおおらかな音楽性で
過去共演した五嶋みどりさんにも絶賛された注目株です!

DSCN1903mini.jpg

メンデルスゾーンのソナタ第2番、シューベルトのアルペジオーネ・ソナタはもちろん
前半に加えられたハイドンのディヴェルティメント
(チェロの名手として名高いピアティゴルスキーの編曲によるもの)と
ドヴォルザークのロンドも、
知られざる名曲に出会えたような、なかなかの名作でした。

DSCN1900mini.jpg

シャイな辻本さんですが、今回は曲のことなどお話も・・・
「一番好きな作曲家はシューベルトです。
 長調の部分でも単に明るい、というのではなく、
 すぐに憂鬱な気分になりそうなぎりぎりのところで
 明るいという感じがします・・・」

アンコールも大盤振る舞い、まるで休憩後の第2部に続く第3部のようで、
この4曲の順番もよく練られていたような感じを受けました。

CIMG0387mini.jpg

終演後のくつろいだひと時。
ご両親と宗次オーナーと・・・(ポーズは気にしないで下さい。)

CIMG0389mini.jpg

記念撮影

CIMG0391mini.jpg


実は辻本さんの使用楽器は
宗次オーナーが貸与しているものです。

CIMG0393mini.jpg



あのヴァイオリンで有名なアントニオ・ストラディヴァリによるチェロ。
1724年製。

CIMG0394mini.jpg


優美なf字孔・・・写真には写っていませんが、ラヴェルには確かにStradivariの文字が・・・


辻本さんは「トリオBEE」というアンサンブルユニットでも活動を始めました。
3月には名古屋でも演奏会が有ります。
ご興味ある方はこちらをチェック!


(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment