flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

シューマン・カルテット

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
2月19日はつい先日オーストリア、グラーツ市で行われた
第8回シューベルト&現代音楽国際コンクール弦楽四重奏部門で優勝を果たした
シューマン・カルテットの公演。
日本の後藤彩子さんがヴィオラを担当しているほか
残り3人のシューマン兄弟もドイツ人の父と日本人の母との間に生まれたことから
タイミングよく「凱旋公演」となりました。

CIMG0416mini.jpg

リハーサルの模様

CIMG0426mini.jpg


カルテットのリハーサルでは良く見られることですが、
本番前でも、何度も止めながら、メンバーの間で議論をしつつ細部の確認をしています。

CIMG0428mini.jpg

第1ヴァイオリンのエリックさんが指示を出すと、
チェロのマークさんもそれに対して意見を出します。

CIMG0440mini.jpg

リハーサル中、2階の最後列から撮ってみました。
(宗次ホールは最後列でも響きがいいという感想を、お客様からよく頂きます。)

DSCN1929mini.jpg

本番の模様。
コンクールでも演奏したシューベルトの名曲「死と乙女」

DSCN1925mini.jpg

最後の音を弾ききって弓を高々と挙げたポーズ

サイン会の様子。まだカルテットとしてのCDをリリースしていないそうです。
でも、プログラムにも喜んでサインを・・・

CIMG0444mini.jpg


CIMG0447mini.jpg

宗次オーナーと記念撮影

CIMG0452mini.jpg



エリックさんは通路に飾られた宗次オーナー所有の
ヴァイオリンコレクション写真に夢中。
現在使用しているのは1828年製プレッセンダだそうで、
コレクションの中に1827年製の同じプレッセンダを見つけて
「すごく良く似てる!」と感激。

このショットは、五嶋龍さんに貸与中の
ストラディヴァリウス「エクス・ピエール・ローデ」とともに。

CIMG0464mini.jpg

しかしご兄弟みな本当に仲良しです。実はもうひとりシューマン家には女の子がいて、
やはりヴァイオリンを弾いているのだそうです。

お父さんはデュッセルドルフのオーケストラの団員で
ヴィオラの後藤さんがそちらでも活動しているのだそう。
ちなみにお名前は「ロベルト」だそうで・・・ ロベルト・シューマン!?




最後に、楽屋でのひとコマ。
楽屋から出前したカレーとともに。

カレー食べてる(ミニ)



(スタッフ/にしの)

関連記事

0 Comments

Post a comment