flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

こんな曲やります!(6/5 クヮトロ・ピアチェーリ演奏会)

Categoryコンサートのご案内
6月5日に行われるクヮトロ・ピアチェーリの演奏会。
毎回ショスタコーヴィチをメインに、
前半は現代の邦人・海外それぞれの作品を取り上げる
意欲的なプログラムを展開。
現代音楽という小難しいイメージがありますが
それを鮮やかな技術とダイナミズムで「ピアチェーリ」(イタリア語で“楽しい”)にする
そういうカルテットです。

piacerichirashi.jpg


今回の1曲目ではカスピ海のほとり、コーカサス地方に位置する
アゼルバイジャンの作曲家、フランギス・アリ=ザデーの書いた
「ムガーム・サヤギ」という曲を取り上げます。
中近東風のとてもエスニックな曲なのですが・・・


メンバーでヴィオラの百武さんから楽譜が送られてきました。

mugam8.jpg

「コピーしたままですみません。
 ヴィオラはどうしたらいいのか ? の曲です。
 かなりスリリングな本番になりそうで・・・」


ということで見てみましょう。

mugam7.jpg

最初。チェロが舞台に一人だけの状態で演奏が始まる模様。
ヴィオラは behind the stage です。

mugam6.jpg

この場所で appears on the stage します。

mugam5.jpg

ここで皆さん着席。

mugam1.jpg

ヴィオラはここからtamtam(銅鑼)に持ち替えます。

mugam2.jpg

ヴァイオリン、ヴァイオリン、銅鑼、チェロ という四重奏です。

mugam3.jpg

次はセカンドヴァイオリンが太鼓に変わります。

mugam4.jpg

もうこうなってくると弦楽四重奏の楽譜じゃありません!

一体どうなることやら・・・。
気になる方は6月5日、宗次ホールへGO!


(スタッフ/にしの)


関連記事

0 Comments

Post a comment