flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

鈴木秀美のガットサロン&スイーツタイムコンサート

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
4月16日、17日と連続して行われた
鈴木秀美さんの室内楽公演のレポートです。
今回は弦楽五重奏をメインに据えたプログラムでした。

hidemihidemi12.jpg

リハーサル風景・・・
15日に尾道での演奏会を行っているのですが、単なる確認に留まらない
活発な議論と細かな練習が繰り返されました。
鈴木秀美さんは練習中も身振り手振りを交えてメンバーの音楽の方向性をまとめていきます。

hidemihidemi13.jpg

鈴木秀美さんのチェロにはエンドピンがありません。
エンドピンを使用し始めたのも19世紀の終わりごろ。
今回取り上げるモーツァルトやボッケリーニの時代には
まず間違いなくエンドピン付のチェロは存在していません。
その時代の響きを再現しよう、というのも「鈴木秀美のガットサロン」ならでは。

hidemihidemi4.jpg

舞台袖に置かれたチェロ。
弓の先の形も現在のものと微妙に違っています。
楽器の側面にはアルファベットで何か書いてあります。
あとで伺ったら「世界を満たすまで・・・」というような意味だそうで。

hidemihidemi2.jpg

この飴色のニスの美しいこと!

hidemihidemi17.jpg

本番です。ガット弦のなんとも言えない響きがホールに広がります。

hidemihidemi5.jpg

休憩中も演奏者は舞台袖でチューニングに余念がありません。

鈴木秀美さん曰く
「ガット弦は多彩な音が出せる反面、温度湿度の影響を受けやすく、
調弦にとても気を使います・・・でもその手間隙は音色には替えられない、
簡単で安定したものが良いのか、あるいは
面倒でもより優れた価値を求めるのか、という
その人の“生き方の選択”でもある」とのこと。

hidemihidemi11.jpg

翌日は、ハイドンの弦楽四重奏曲「ひばり」を題材に
ハイドンの人生やガット弦を使った「当時の楽器」についてのレクチャーを交えた
スイーツタイムコンサート。
意外と知られていないハイドンにまつわる情報
たとえば「ハイドンは最初歌手だった」など、面白いお話が次々と。

hidemihidemi19.jpg

16日の終演後のサイン会の様子です。

hidemihidemi8.jpg

宗次オーナーと。

hidemihidemi9.jpg

hidemihidemi10.jpg


今年は秋にも宗次ホールで「鈴木秀美のガット・サロン」の開催が決定!
11月14日(水)18:45開演 です。
内容はブラームスの弦楽六重奏曲を第1番、第2番両方とも一度に楽しめる贅沢なプログラム。
もちろんチェロは2台ともエンドピンありません!
ファースト・ヴァイオリンには佐藤俊介さんを迎えます。
6月中旬よりチケット発売予定。詳細は来月下旬までお待ち下さい。


(スタッフ/にしの)




関連記事

0 Comments

Post a comment