flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

プラジャーク弦楽四重奏団(1日目・・・6/3)

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

昨日はチェコのベテランカルテット、プラジャーク弦楽四重奏団
2年半ぶりの宗次ホール来演、その初日でした。
リハーサル風景。

prazak11.jpg

本番の模様。

prazak08.jpg

前半はモーツァルトの弦楽四重奏曲第21番、そして
ドヴォルザーク最後の弦楽四重奏曲である第14番。

prazak07.jpg

後半は榊原祐子さんのピアノとともに、ブラームスのピアノ五重奏曲。
アンコールに、ドヴォルザークのピアノ五重奏曲から第3楽章。

榊原さんが使っていたブラームスの楽譜は、
師匠でヨゼフ・スークとの共演でも有名な
チェコの名ピアニスト、
故ヤン・パネンカ氏がスメタナ四重奏団との共演で使用していたもの。
パネンカ氏が亡くなられた後、愛弟子だった榊原さんに奥様が預けたものだそうです。
表紙に「スメタナ四重奏団」のスタンプが押してありました。
榊原さんいわく、
「弾いていて演奏が上手くいっているときは、先生の顔が浮かぶんです」と・・・。

prazak12.jpg

演奏会後にはサイン会、そして宗次代表との記念撮影・・・

prazak01.jpg

prazak02.jpg

ホール出演記念のサイン色紙。
五線譜で皆さん統一してきれいに仕上げていただきました。

prazak05.jpg


そして休む間もなく、翌日のためのリハーサル。
4日(本日!)はクラリネットの橋本杏奈さんと、モーツァルトの五重奏曲を演奏します。

prazak03.jpg

今回が初共演ですが、
お互いに初めてとは思えないほど、ぴたっと息が合っています。
そして実に皆さん楽しそう!
リハーサルが終わると「何かもう1曲やろうよ!」と盛り上がっていました。

本日橋本さんは、この曲のオリジナルバージョン。
バセット・クラリネットで演奏します。
この組み合わせ、今日1夜限りというのが本当にもったいないです。
是非一期一会のアンサンブル、お時間ございましたら今からでもどうぞ。

公演詳細はこちら

(スタッフ/にしの)

関連記事

0 Comments

Post a comment