flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

プラジャーク弦楽四重奏団(2日目・・・6/4)

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
6月3日に続いてのプラジャーク弦楽四重奏団の演奏会。
今日はクラリネットの橋本杏奈さんとの共演。

anna_prazak08.jpg

前半はカルテットだけで、ハイドンの作品71-1と
弦楽四重奏の人気ナンバー、ドヴォルザークの「アメリカ」
彼らにとってはもう何千回と演奏してきた曲ですが
直前までリハーサルを怠り無く・・・。
随所にチェコの団体に受け継がれた特有の節回しが聴かれる
まさに本場の演奏でした。

anna_prazak01.jpg

後半はモーツァルトのクラリネット五重奏曲。
昨年5月に宗次ホールの来演以来の再出演。

anna_prazak09.jpg

アンコールの前に少しお話。ロンドン生まれ、今もロンドン在住の橋本さんは
日本語が不安だ〜とおっしゃっていましたが、堂々とご挨拶。
今回は低音が出せるバセット・クラリネットを使用しました、ということで
通常のB管クラリネットと両方を手に持って比べています。
小柄な橋本さんがバセット・クラリネットを持つと、本当に楽器が大きく見えます。

anna_prazak10.jpg

アンコールは通常のクラリネットに持ち替えて
ウェーバーのクラリネット五重奏曲から第4楽章。

anna_prazak03.jpg

サイン会も盛況でした。

anna_prazak04.jpg

167469_166501993480515_774652649_n.jpg


記念撮影。大男に囲まれる橋本さん。

anna_prazak07.jpg

そして色紙にサイン。

こうして2日間のプラジャーク弦楽四重奏団の名古屋公演が終わりました。
次回の来日は2014年を予定しているとのこと。
また戻ってこれたらいいね、と別れました。

anna_prazak06.jpg

(つわものどもが夢の跡・・・)


本来ならここで次回の「世界のカルテット」シリーズは・・・と
ご案内をしなくてはならないのですが、
昨年秋に海外の団体の来日ツアーが重なった影響なのか、
今年はなかなか開催が難しい状況で、しばらく飛んでしまいます。

次のシリーズは11月と12月に予定中。発表までしばらくお待ちください。


(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment