flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

マーラーの妻、アルマ・マーラーの全歌曲作品演奏会(6/16)

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

6月16日(土)に行われたのは
マーラーの妻、アルマ・マーラーの歌曲作品16曲を
全て演奏するという珍しい企画。
昨年東海地区のアマチュアオーケストラによる
マーラーの交響曲ツィクルスを成功させ
来月7月15日、16日にはその締めくくり、
アマチュアオーケストラ、合唱団混成メンバーにより
交響曲第8番を演奏します。

今回の企画はその1ヶ月前の特別企画。
交響曲第8番はマーラーが唯一、特定の人物に向けて捧げた曲であり、
それはとりもなおさず妻アルマだったということで、
そういった意味でもつながりのある演奏会でした。

前半は音楽評論家、前島良雄さんと真理さんご夫妻によるレクチャー。
一般に語られている「マーラーは悲劇の作曲家、その妻アルマは悪女悪妻」
というイメージを覆す興味深い解説でした。
マーラーとアルマも今流行(?)の歳の差婚(マーラー42歳、アルマ23歳)で
その結婚生活は、マーラーが51歳で亡くなったため10年にも満たなかった
というようなことも、そう言われてみないとなかなか思い当たらないですよね。

後半は、名古屋のご出身、飯田みち代さんの熱唱。
曲に合わせた2度のお召し替えもありました。

alma07.jpg

alma05.jpg

alma06.jpg

物販コーナーでは
飯田さんのCDのほか前島さんの
その名もずばり「マーラー 輝かしい日々と断ち切られた未来」等の著書も。
レクチャーを聞いてご興味をもたれたのか、買い求められた方が多く完売してしまいました。

alma02.jpg


終演後のサイン会

alma01.jpg

ピアニストの青木園恵さんをねぎらう宗次オーナー。
ピアニストにとってもアルマ・マーラーの作品を演奏するなんてほとんど無い機会でしたから
準備が大変だったと思います。

alma04.jpg

記念撮影。
右端は今回の企画の提案者、名古屋マーラー音楽祭実行委員長の西村尚登さん。


名古屋マーラー音楽祭については公式サイトでご確認を!
名古屋マーラー音楽祭


(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック