flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

山本裕康さん チェロリサイタル 「情景」 (7/21)

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

名古屋出身で現在神奈川フィルの首席奏者を務めつつ、
定期的にセントラル愛知交響楽団の首席客演奏者ほか、
全国津々浦々様々なオーケストラに客演し、サイトウキネンオーケストラにも加わり、
その上ソロ、室内楽活動と多彩な活動を行っている山本裕康さん。

宗次ホールには始めての来演です。
今回のリサイタルはこちらのニューアルバム「情景」のリリースを記念してのもの。
テンポのゆっくりとした、まさに「癒しのチェロ」といった趣のアルバムです。

yamano_4112030933.jpg

リハーサル・・・

hiroyasu01.jpg

背後に映っているのはチェロケースの影です。

hiroyasu02.jpg

前半は、アルバムでは第3楽章だけが収録されている
ラフマニノフのチェロソナタを全曲演奏。

hiroyasu10.jpg

山本さんがブログで書いていらっしゃいますが、
この曲の小さな音、弱音で、という指定の箇所を
ホールの響きによって良く演奏で表すことが出来た、とお話の中でも仰っていました。

hiroyasu11.jpg

後半はこのようにチェロを置いて、
朴訥ながら暖かいお人柄が伝わるトークを交えて。

hiroyasu04.jpg

サイン会も大盛況。

hiroyasu06.jpg

なぜだかこの日はホールの音楽グッズコーナーも大賑わいでした。

hiroyasu08.jpg

宗次オーナーとの記念写真。

hiroyasu09.jpg


山本さんは今年10月1日、今度は室内楽で登場。
今回も共演したピアノの諸田さんも一緒に、
バイエルン放送交響楽団の首席ソロヴィオラ奏者、ヘルマン・メニングハウスさんを中心に
デュオと室内楽の演奏会で出演します。

メニングハウス(名古屋版)表blog


そのほか、宮本文昭さん、笑里さん親子が共演する
11月12日の「四季の日」コンサートでも
弦楽合奏の要として、参加していただくことになっています。
今後も山本さんの活躍にご注目下さい!!

(スタッフ/にしの)



関連記事

0 Comments

Post a comment