flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

シリーズ「バッハの海へ」vol.5 高田泰治さんのゴルトベルク変奏曲

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
8月4日は今年1月から始まった
コンサートシリーズ「バッハの海へ」の第5回目。
チェンバロの高田泰治さんは、関西を拠点に充実した活動を展開中。
その演奏がバッハ研究の総本山、ライプツィヒの「バッハ・アルヒーフ」にも伝わって
そこで主催された演奏会に日本の鍵盤楽器奏者として初出演。
絶賛を博したという、「バッハ演奏の若武者」とでも言いたくなるような方。

例によって今日も楽器の搬入です。
神戸からやってきたチェンバロ。

takata01.jpg

2002年の作。まだ新しいです。

takata02.jpg

takata03.jpg

バッハの海へ、のイメージで
ブルーの壁面照明をバックに撮ってみました。

takata04.jpg

takata05.jpg

2段の鍵盤。現代のピアノと同じ、白黒のカラーリング。


takata07.jpg

リハーサルが始まりました。
黙々と弾いていく高田さん。

takata09.jpg

本番はこんな雰囲気の中でゴルトベルク変奏曲を聴いていただきました。

takata10.jpg

宗次オーナーとの記念写真。

takata13.jpg

サイン会・・・そしてやっぱり・・・

takata11.jpg

楽器を見ようと人だかりが出来ました。

takata14.jpg

高田さんの記念色紙。




さて、次回の「バッハの海へ」はやはり同じくゴルトベルク変奏曲。
演奏はアコーディオンの貴公子、デニス・パトコヴィチさんです。

denis001mini.jpg

YoutubeでプロモーションVTR試聴できます!⇒Denis Patkovic - Goldberg Variations

単にゴルトベルク変奏曲をアコーディオンに編曲して演奏するのみならず、
フィンランドの現代作曲家、ユッカ・ティエンスーが書いた
ゴルトベルク変奏曲の合間に演奏されるための作品、その名も「合金」が
平行して演奏されるという不思議な企画。

既にCDもリリースされ、注目を集めています。
J.S. バッハ:「ゴールドベルク変奏曲」アコーディオン編曲/ユッカ・ティエンス:合金 (Bach & Tiensuu Goldberg Variations Accordion Version Denis Patkovic)J.S. バッハ:「ゴールドベルク変奏曲」アコーディオン編曲/ユッカ・ティエンス:合金 (Bach & Tiensuu Goldberg Variations Accordion Version Denis Patkovic)
(2008/07/17)
デニス・パトコヴィッチ

商品詳細を見る


演奏会は9月6日(木)
詳細はこちら


(スタッフ/にしの)


関連記事

0 Comments

Post a comment