flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

アンサンブル・アルカディア 結成後初めてのツアー公演

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

8月17日(金)には
スイーツタイムコンサートとして、オーボエと弦楽3名によるグループ、
アンサンブル・アルカディアが登場しました。
リーダーでオーボエ奏者の藤井さんは
佐渡裕さんが監督を務める兵庫芸術文化センター管弦楽団に所属した後
現在はミュンヘン在住。現地で元ベルリンフィルの首席奏者、シェレンベルガーのアシスタントとして
欧州各地で活躍中。宗次ホールには2度目の登場です。

arcadia09.jpg

オーボエ四重奏という編成は、そのためにかかれた曲が多くはありません。
今日は弦楽四重奏版を編曲した
ハイドンの「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」からの抜粋も
プログラムに入りました。(編曲はシェレンベルガー氏によるものとのこと。)
この曲をこの編成で、というのは大変珍しいと思います。

また最後には北海道出身のヴァイオリン、国崎一統さんが編曲した
「ソーラン節」をオーボエとイングリッシュホルンの持ちかえで演奏。
掛け声を入れながらの見事な編曲でした。

arcadia10.jpg

出演した4名の皆さん、それぞれキャラクターが際立っています。
歩きながらチェロを弾く武澤秀平さん。(新日本フィルのフォアシュピーラー)

arcadia04.jpg

写真を撮りますよ・・・

arcadia06.jpg

まずは普通に・・・

arcadia07.jpg

なにかポーズ付けてください、とオーダーしたらば・・・

arcadia08.jpg


(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment