flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

行ってきました!法務局&入国管理局

Category宗次ホール・トピックス
いつもご予約ありがとうございます。
最近は 突然 雨がふりだしたり、かと思えば急に晴れ間が見えて
じりじりと照り付けたり…もう夏も終盤ですね。
よく変化する天気にもかかわらず、この夏も多くの方にご来場頂きまして
心より御礼申し上げます。

さて わたくし今回 初めて あるコンサートの為に法務局&入国管理局
手続きに行かせて頂きましたので、ちょっとだけその内容と感想を
お伝えしようと思います。

まず何の為に???ですよね。

はい、正解です!(もうお分かりの方も多いと思いますが)
もちろんお見えになる演奏家さんの為です。

コンサートはまず、演奏家さんが音楽事務所を通してコンサートの企画を計画し
その企画をホールが受け、進めることが一般的です。
しかし中には音楽事務所を通さないでコンサートをされる、
つまりホールが音楽事務所の役割まで行う場合もあり
さらに出演するのが外国国籍のアーティストさんの場合は、
「興行のための就労ビザ」が必要です。
来日中の身元引受人としてホールが責任を持ちます、という申請をして
このビザを取得するための証明書を入国管理局に発行してもらいます。
この証明書を海外在住のアーティストに国際郵便で送って、
それを本人が現地の日本大使館へ持ち込んで手続きしてもらって
やっとビザが入手できるという流れです。


手続きには時間がかかるので、朝一番で最初は法務局へ!

P1020853 (340x255)

法務局では、宗次ホールの会社の証明書を交付してもらい

P1020854 (340x255)

お次は、いよいよ名古屋競馬場の近くにある名古屋入国管理局へ!
行きの「あおなみ線」の電車内で、既に耳にする言語や香りが普段と違う雰囲気に
すこしドキドキしながら電車に揺られ今回 行って参りました。

P1020855 (340x255)
ここで、申請が通らない場合コンサート自体が中止になる可能性もあるので
とても大切な手続きなのです。

入国管理局では、持参した某アーティストのパスポートの写しホールの証明書
当ホールで出演するコンサートのチラシなどなど…
とにかくたくさんの重要書類を提出し、興行申請を致しました。
ちなみに、チラシは当ホール以外でも
来日中に出演する他の会場のコンサートチラシや書類も完全に揃えて、です。

P1020856 (340x255)

2階の管理局は、まるで国際線の搭乗口のようでした。
右も左も外国の方ばかりで、海外に来たような錯覚さえ起こしそうな感じでした。

P1020857 (340x255)

長いこと待ちまして、無事申請を終えることができホッとしました♪
あとは、どうか素敵なコンサートになりますように・・♪♪♪

長くなりましたが、こんな事してます☆情報など
またお伝えしていきますね!


そして食欲&読書&音楽♪♪♪の秋になりました。
当ホールでぜひ感動のひと時をお楽しみくださいませ。
心よりお待ちしております。

(スタッフ/やすえ)
関連記事

0 Comments

Post a comment