flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

吉野直子さん こだわりの「バッハ」プログラム 【11/1公演】 (後編)

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

11月1日 吉野直子ハープリサイタルの続き・・・

yoshino16.jpg

yoshino07.jpg


前半はJ.S.バッハのインベンションや「アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳」に採録された
ピアノを習いはじめたお子さんが練習するような曲も取り上げられました。
マグダレーナの音楽帳にはJ.S.バッハが作曲していないものも含まれていて、
有名なメヌエットの真の作曲者ペツォールトや、
J.S.の息子、カール・フィリップ・エマニュエル・バッハの作品も
演奏されました。

yoshino17.jpg

後半はグランドハープで
イタリア協奏曲、
無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータからフーガとシャコンヌ。
吉野さんの演奏は、ハープ以外の楽器のために書かれていることを感じさせないものでした。

yoshino18.jpg


yoshino19.jpg


「シャコンヌを弾いている最中に、お客様の集中力がどんどん高まってくるのがわかって
 自分も怖いくらいに集中してしまった」とのこと。
「本当にいいお客様ですね」と袖に戻って何度も仰っていました。

yoshino08.jpg

サイン会にて、ホールのグッズコーナーで販売している
楽器のミニチュア。ハープも取り揃えています。
そのケースにサインをされる吉野さん。
「かわいらしいですね、どんな風になってるのかしら・・・あれ、ペダルが2本しかない!?」
ウーン。製造元にちゃんと7本付けてくれと言わなくてはならんですね。

yoshino09.jpg

多数のCDをリリースされている吉野さん。
こんな昔懐かしいジャケットも。
税込金額の表示を見たら、まだ消費税が3%の時代のものでした。

yoshino10.jpg

宗次オーナーと記念写真。
「達人の上を行く演奏ですね、超達人だ!」と激賞。


yoshino11.jpg

そしてハープはまた吉野さんの自宅へと帰り支度。
運送屋さんともう一人。手伝っていらっしゃるの白髪のご婦人は
なんと吉野さんのお母様です!


(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment