flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

11月7日 小森邦彦×ペドロ・カルネイロ  マリンバ・デュオ・プロジェクト

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

11月7日は国際的に活躍するマリンバ奏者、小森邦彦さんと
ポルトガル出身のペドロ・カルネイロさんのマリンバデュオ。
お2人が世界中のマリンバ奏者に呼びかけて、共同委嘱した新作を含む
大変意欲的で鮮烈なプログラムの演奏会となりました。

komori01.jpg

当日は朝9時からマリンバを搬入。
名古屋音楽大学の学生さんにもお手伝いをお願いして、
車2台分の楽器(マリンバ2台とヴィヴラフォン2台)を着々と組み立てていきます。

komori02.jpg

1時間ほどで組み立て完了。

komori03.jpg

リハーサルに入ります。4台の楽器が所狭しと並んだ舞台は
なかなか宗次ホールでも滅多に見られるものではありません。

リハーサルは午前中から、開場時間直前までみっちりと。
こういった打楽器ではバチ(マレット)を開場の響きに併せて選ぶなど
なにかと時間がかかるものなのです。

komori07.jpg

komori08.jpg

マレットにも材質の違い、堅さ、重さなど、色々な種類が有りますね。

入念なリハーサルを経て本番。

komori12.jpg

名古屋のしらかわホールさんの杮落としにあわせて
現代音楽の大家、スティーヴ・ライヒに委嘱した
その名も「ナゴヤ・マリンバ」という曲でスタート。

komori05.jpg

最後の一撃!

komori13.jpg

後半は高藤摩紀さん、青木紗央さんが加わっての4人で
やはりライヒの「マレット・クァルテット」を。

komori06.jpg




komori09.jpg

記念撮影。
そして、開場に聴きにきていた学生さんたちも加わっての撤収作業。
まるでアリさんのように、楽器に群がって、あっという間に分解していきます。

komori10.jpg

komori11.jpg


(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment