flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

今年で3回目! 11月12日は「四季の日」

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

11月12日は何の日かご存知ですか?
宗次ホールにとっては「四季の日」です。
こんな認定証もあります。

四季の日記念日登録証mini


◆「四季の日」由来

「くらしの中にクラシック」をモットーに
2007年3月29日に愛知県名古屋市にオープンした宗次ホール。
その代表、宗次徳二氏が1970年4月18日に現在の妻の直美さんに、
氏がクラシック好きになるきっかけとなった
ヴィヴァルディの「四季」のレコードをプレゼントしたことから、
二人にとって40回目の結婚記念日である2010年11月12日にその記念日を制定。
宗次ホールではこの日にカップルや夫婦で「四季」を聴き、
四季の移ろいを二人で力を合わせて歩んでもらおうとコンサートを開催する。

日本記念日協会サイトへ


と言うわけで、今年3回目を迎えた「四季の日」コンサート。
当初は人気ヴァイオリニスト宮本笑里さんと
その父で元オーボエ奏者、現在は指揮者としてもご活躍の
宮本文昭さんの指揮による親子共演「ヴィヴァルディの四季」を予定しておりましたが、
残念ながら笑里さんのご病気により夢の共演は叶わず・・・。
急遽、昨年の「四季の日」コンサートにも出演し
好評を博した大谷康子さんに代役をお願いいたしました。


shikinohi02.jpg


前日、宗次ホールでリハーサルが行われました。
大谷さんと、今回宮本文昭さんの希望でゲストプレイヤーとして参加した
チェリスト山本裕康さん。
お2人で「四季」の前にヘンデルが作曲し北欧の作曲家ハルヴォルセンが編曲した
「パッサカリア」を演奏。その練習風景。

shikinohi04.jpg


こじんまりとした宗次ホールのステージでは
総勢13名の奏者が並ぶだけでも大迫力です。

shikinohi03.jpg


オーケストラのメンバーをジョークで乗せながら、
しっかりとした手さばきで引っ張るマエストロ宮本文昭 氏。
名古屋で指揮姿を披露するのはこれが初だったそうです。


演奏会はプログラムにないサプライズで
無伴奏チェロ組曲の「プレリュード」を山本裕康さんが弾いて開幕。

shikinohi05.jpg


そして大谷さん、山本さんのお2人による
「パッサカリア」

shikinohi06.jpg


宗次代表の「われわれ夫婦の42周忌で・・・」などとジョークを交えながらの
トークを挟んで、いよいよヴィヴァルディ「四季」の演奏。

shikinohi08.jpg


演奏後には暖かい拍手が。

shikinohi07.jpg

この日は15時開演と19時開演の2回公演。
ソリストの交代があったとはいえ、どちらも多くのお客様にお集まりいただきました。
やはりご夫婦でご来場下さった方が多いような・・・。
普段なかなかお2人でコンサートへ、という気分にならない方でも
こういう機会だから、足を運んでいただけたのかな、と見受けられました。


shikinohi10.jpg

演奏者の皆さんの寄せ書き。


shikinohi09.jpg

そして笑顔の記念撮影。
来年もまた11月12日にヴィヴァルディの「四季」を聴きに
宗次ホールにご来場頂けましたら幸いです。


(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment