flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

バッハの無伴奏チェロの響きで迎える新年【1/6鈴木秀美リサイタル】

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
1月6日は鈴木秀美さんにとって2013年の「弾き初め」となる
バッハ 無伴奏チェロ組曲 の奇数番号3曲を演奏するリサイタル。
これまで四重奏から八重奏まで、
アンサンブルでは何度も宗次ホールにご出演いただいていますが
「おひとり」での演奏は初めて。
ガット弦、バロック弓、エンドピンなしの、現代のチェロとは異なる楽器の持ち味を生かして
長年にわたる研究を背景にして、隅々まで神経の行き届いた語るような演奏が展開されました。

hidemi01.jpg

今日の演奏会の影の主役はこの椅子。
秀美さんが持ち込まれたものです。
エンドピンを使わず、ひざに挟んで楽器を支えるため、
通常のチェロ演奏で使用する椅子よりもずっと座面を低いものを使います。
元々はギター演奏用だったとか。
高さ調整のハンドルなど趣があります。

hidemi08.jpg

演奏中。。。

hidemi07.jpg

アンコールは「来年も年明けに偶数番号を弾きます!その予告ということばかりではないですが」と
前置きをして、無伴奏チェロ組曲 第4番 から「サラバンド」を演奏。

サイン会には年始の挨拶を兼ねて・・・という
長年の鈴木秀美さんファンのかたも大勢いらっしゃいました。

hidemi06.jpg

hidemi05.jpg

宗次オーナーと終わってから談笑。
手前の方は、奥様でソプラノ歌手の鈴木美登里さん。
今日は娘さんと一緒に客席にいらっしゃいました。
「アンサンブルだけでなく、ソロで弾くにもとってもいいホールですね」と
気に入っていただけたようです。

hidemi04.jpg


hidemi03.jpg

椅子も入っての記念撮影のあと、
ホールへの色紙も頂きました。

hidemi02.jpg


鈴木秀美さん。次の来演は4月23日(火)18:45開演の「ガットサロン」です。
主宰するオーケストラ・リベラ・クラシカのメンバーでもあり
宗次ホールでも一緒に何度も共演している
ヴァイオリンの若松夏美さん、ヴィオラの成田寛さんとともに
「弦楽三重奏」というちょっと珍しいけれども
意外なな名曲が眠っている分野を紹介します。

発売は既にはじまりましたが、チラシが間に合わず。
もう少々お待ち下さい。

(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment