flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

布施明さん スペシャルコンサート 【1/15】

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
クラシックホールである宗次ホールに
どうして布施明さんが?・・・とお思いの方もあるかもしれません。

wom_jacket.jpg


実は昨年布施明さんはプッチーニのオペラ「トゥーランドット」の名アリア、
そしてフィギュアスケートで使われたことで有名になった「誰も寝てはならぬ」を含む
クラシックを含むカバーアルバム「Way of the Maestro」をリリース。
神奈川フィルをバックにしたダイナミックな歌唱のほか
ピアノ伴奏での歌唱は宗次ホールで収録されています。

☆このアルバムの収録風景など秘蔵VTRを収めたDVDも発売中。
 Youtubeにて一部公開中!
 ⇒宗次ホールのピアノを弾く布施さんがちらっと登場してマス。


宗次ホール代表、宗次徳二は
「布施さんのような方がクラシックの名曲を歌うことによって
 これまでクラシックなんて・・・と思っていた方にもその素晴らしさに気づいて頂きたい」
という思いをこめて、このアルバムのリリースを全面的にバックアップ。
元をたどれば2009年、宗次代表がオーケストラ・アンサンブル金沢と布施さんの共演を聴いて以来
ずっと暖めていた構想でした。

というわけで、今回のイエロー・エンジェル10周年の記念演奏会シリーズにも
是非ご出演いただきたいとお願いしたところ、ご快諾を頂き、
コンサートが実現する運びとなったものです。

fuse01.jpg

こちら後半のピアノと弦楽四重奏のリハーサル風景。
音響スタッフが布施さんの立ち位置に立って、音の聞こえ方を綿密にチェック。
宗次ホールの響きの良さを生かし、極力違和感のないように響きを作っていきます。
最終的に弦楽四重奏の前に置かれたスピーカーは撤去しました。

今回は普段のクラシックコンサートでは使わない
当館の照明設備もフル活用しています。
ある意味「知られざる宗次ホールのもう一つの顔」とでも言いましょうか。
一応こんなことができるくらいの装備はあるんですよ!

fuse02.jpg

fuse03.jpg

fuse04.jpg

真っ白な壁面に照明の色がよく映えます。


fuse07.jpg

布施さんの熱唱を310席の親密な空間で楽しむ。
贅沢なコンサートになりました。
バックの奏者をひとりひとり紹介。
アンコールは「ショパンの「別れの曲」をカバーした「Tristesse」で
しっとりと締めくくられました。

fuse05.jpg


宗次代表の狙い通り・・・でしょうか
今回初めて宗次ホールに足を運んだ、というお客様が多くいらっしゃいました。
是非これから普段の宗次ホールにも気軽にご来場いただきたいなと思っています。


※写真はすべて宗次德二 撮影(転載ご遠慮下さい。)

(スタッフ/にしの)


関連記事

0 Comments

Post a comment