flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

楽屋のお話

Category宗次ホール小ネタ
演奏家にとってステージに上がる前、
コンディションを整えるための、
さまざまな準備する場所、楽屋。

P1030186 (340x255)

アーティストが楽屋に入ると、基本的には知人・友人も楽屋への立ち入りは出来ません。
が、皆さんにもご覧いただける場合がありまして、
ランチタイム名曲コンサートやスイーツタイムコンサートを
8名以上の団体でご予約頂きますと、
特典として楽屋はもちろん、ステージ裏、調整室などの
見学ツアー
を行うことがあります。
スタッフが皆様の先頭に立ってバスガイドの様に、お連れいたします♪
(点検やリハーサルといったホールの都合により希望に添えない場合もあります。)

さて、楽屋についてみなさんに少しばかり教えちゃいます。
まず、ホール建物の某階、楽屋は見ての通り2つです。
どちらも造り、広さはほぼ同じで、
まさに綺麗なホテルの一室。
わたくし、岐阜のさらに奥地から出勤しているので
名古屋で雪が少~しちらつくと、他のスタッフに
「楽屋に泊まって行ったら~」なんていわれますが・・。
もちろん泊ったことはありません!

楽屋は、ステージマネージャーが楽屋割りを行ない、
公演がソロ、デュオなら演奏家一つずつ
トリオやクァルテットならシェアして頂き
それ以上の大所帯だと別の階にある控室やリハーサル室を利用します。
控室は“ひかえ”室とだけあって、
やはり楽屋とはガラリと様子が変わり
かなり事務的で簡素なさっぱりした感じになってしまいます。
(お部屋が少なくてゴメンナサイ。)

出演者が大人数の公演といえば、
以前の西野氏のブログで、
「2013年12/5:モスクワ合唱団」の面白い記事
がありますので
ぜひ読んでくださいね~♪

そして、楽屋には、ホールからすぐの所に店舗がある
CoCo壱番屋(東新町店)のメニューがあり、
演奏前に召し上がる演奏家も多いです。
舞台袖でステージマネージャーがご注文とトッピング、辛さ、ライスの量まで
伺いまして、お店に注文します。
トッピングにはその人の個性が出るものでして、
最大5種類ものトッピングをご注文の女性ヴァイオリニストOさん(とても細い方のに!)や
7辛を頼まれた方(しかも若い女性!)もいらっしゃいましたね。
「面白クラシック講座」でおなじみの指揮者&作曲家のAさんは
季節限定のオクラ納豆カレーがお好みでした。

sasami.png
※参考画像:やはり本番前と言うことで人気があるのは各種カツカレーです。


で、注文後 カレーがチケットセンターに
届き、「お届けにあがりました~♡」と
楽屋まで運びつつアーティストさんと仲良くなりたいところですが
マネージャーさんが事務所に取りにいらっしゃるので
残念ながらその必要もなく・・・ということも多いです。

宗次ホールでは出演者の方が帰られた後の楽屋の掃除も
スタッフが手分けして行っています。
私も時々担当するのですが、スタバのカップやら、栄養ドリンクの空き瓶などを見ると
「あ~スタバに寄られたんだ」とか
「スタミナいるんだろうな」
と、次の演奏会の準備をしながら思います。


♪演奏を聴いて→♪セットプランのお食事→♪楽屋見学
のプランは、PTA様・サークルのお仲間・会社の親睦会・・などなどで
ご好評をいただいておりまして、先々の予約も既に受け付けております。
どうぞお日にちが決まった時点でお電話下さいませ
お食事は後ほど追加もできますし、人数もまずは大体何名というお申し込みで結構です。
団体様のご予約が重なりますと、折角日程を決めたのに席が確保できない、ということも
起こり得ますから、ご予約は早めがベターです。
ぜひお誘い合わせのうえお越しくださいませ。
お待ちしております。

たとえば、コーラスをされてる方々
見学の際にステージに立って1曲歌っちゃおう、なんていかがですか?!

(スタッフ/やすえ)
関連記事

0 Comments

Post a comment