flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

空飛ぶ笛! 江崎浩司with春日井リコーダーアンサンブル(3/9)

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
3月9日に行われた日本を代表するリコーダー奏者、江崎浩司さんと
1976年に結成という長い歴史を誇る
春日井リコーダーアンサンブル(KRE)さんの共演です。

前日に名古屋市内某所にて練習が行われました。
KERのメンバーはもっと多いのですが、今回はその中でも
リーダーの山中美代志さんら精鋭4名が出演します。
みなさん本業がほかにあるので、この日もお仕事帰りに集まりました。
仕事帰りに一杯・・・じゃなくて「リコーダー」ってのが素敵ですね~。

ezaki11.jpg

この写真ではまだ仕事で遅れて1名到着していません。
右端の江崎さんが手にしているのはバロックオーボエ・・・
江崎さんはリコーダー以外にもいろいろな楽器を操る管楽器の達人です。
全部で何種類くらいの楽器を演奏されるのかと思ったら
ご丁寧に名刺の裏に書いてありました。

ezaki10.jpg
↑オーボエの項目だけで4種類あるよ。

ちなみにリコーダーをはじめた訳は、
小学校のときの担任の先生におだてられてコンクールに出てみたら
全国1位になったからだそうです。(そんなすぐになれるものではないと思いますが…。)
オーボエはその後高校から始められたのだとか。


さて演奏会当日のリハーサル
KREの皆さんが持ち込んできた楽器たち。これは皆さん個人所有だそうです。
こんな大きなリコーダーはなかなかお目にかかれないのでは。

ezaki06.jpg


本番、まずは江崎さんのバロックオーボエの演奏。
チェンバロは伊藤一人(かずと)さん。

ezaki01.jpg

こちらは江崎さんのバロックオーボエとリコーダー四重奏の共演。

ezaki02.jpg

後半は「江崎ワールド」が炸裂!
リコーダーでスウィングしたり、重音を出したり・・・
映り悪いですが、これ、北風小僧の寒太郎でござんす。

ezaki07.jpg

アンコールではリコーダーを家から持ってきたお客様と大合奏しました。
演奏会が終わるとサイン会も盛り上がりました。

ezaki08.jpg

記念撮影
(このあと皆さん、ホール近くのモンゴル料理店に消えていきました。)

ezaki04.jpg



おまけ:江崎さんの持参した笛たち

ezaki09.jpg
※一番手前、マイクの上がバロックオーボエです。

(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment