flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

「初来日の大物」オライオン弦楽四重奏団と関本昌平さん(3/11)

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
3月11日に来演したのは
25年以上の長いキャリアがありながら
これまで来日がなかったアメリカのベテラン、オライオン弦楽四重奏団。
名古屋公演の2日前、東京公演での演奏は朝日新聞紙上で
「都会的なスマートさよりも、懐かしく温かいニュアンスにあふれた演奏」
と好意的に評価されていました。こちら

「本拠地はニューヨーク」というとバリバリの現代的、都会的なイメージが
どうしてもついてしまいますが、
確かに彼らの演奏はそういったものとは無縁ですね。
ヴェーグQやグァルネリQに習ったこともあるということですから、
アメリカのクァルテットでありながら
実はヨーロピアンな響きを持っている団体なのです。

orionq07.jpg

今回、後半のシューマン「ピアノ五重奏曲」で共演する関本昌平さんは
2005年のショパン国際コンクールで山本貴志さんと並び、第4位入賞。
最近はニューヨークで研鑽を積んでおり、
このオライオン四重奏団との共演も
関本さんの方から是非との申し入れで実現したのだそうです。


orionq06.jpg

orionq05.jpg

もう既にニューヨークでも公演し、日本でも何度か回ってきた後の名古屋公演。
リハーサルも全部と押すことはしないで、
気になる部分を再チェックする感じ。

そういえば、リハーサル前に面白いことがありました。

orionq08.jpg

一斉にスマホでピッチの確認する人たち・・・

ものすごい普及率ですね。
しかしみんなで計らなくても……機種によって個体差でもあるのかいな。

日本では普段コンサートピアノは大抵A(ラ)=442Hzを基準に調律しますが、
アメリカではこれが440Hzだったりするので、
その確認を怠りなく、ということなのでしょうかね。

サテ本番。
カルテットからのアナウンス
「震災の犠牲者にこれから演奏する
 “ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第16番”の第3楽章を捧げる」
という旨のごあいさつの後に演奏が始まりました。

orionq04.jpg

ベートーヴェンの最後のカルテットに続いて
バルトークの最後のカルテットが演奏されて前半が終了。

orionq02.jpg

後半のシューマンは、上品で落ち着いた音楽運び。
いたずらに先を急がず、しっかりとした聴き応えを残す演奏でした。

orionq03.jpg

終演後のサイン会。
関本さんは親しい方とのご挨拶で着席が遅れてます。

orionq01.jpg

最後に舞台上で。
ちなみに一番左とその隣の方はご兄弟。
体型で判りますか・・・(笑)

orionq09.jpg

(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment