flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

本選への準備 【第4回宗次エンジェルVnコンクール】

Category宗次エンジェルヴァイオリンコンクール

今日は1人1時間のなかでオーケストラと協奏曲の練習が出来るという日。
お昼過ぎにはじまってすべて終了したのが7時過ぎ。
オーケストラはチャイコフスキーの協奏曲を少なくとも5回通しました。
ちなみにファイナリストが同じ曲を演奏することになったのは
宗次エンジェルヴァイオリンコンクールの歴史上初のことです。

今朝はまず舞台の張り出しを作るところから・・・

liha01.jpg
土台を並べています。

liha02.jpg
平台が乗りました。
宗次ホールの平台は、舞台のこげ茶色に合わせて
すべて同じ色の塗料で仕上げられています。

liha03.jpg
周囲を黒い布で覆っています。

liha04.jpg
そうこうしているうちにティンパニーが到着。
当ホールの搬入エレベーターは小型なので、
なんと29インチのティンパニーは入りません。
階段で持ち上げて客席を通ります。

liha05.jpg
着々と椅子や指揮台が並んでいきます。

liha06.jpg
本選は業者さんがに録音・録画をお願いしています。
そのための機材も一緒に設営中。

liha07.jpg
審査員席からの眺め。
皆さん無駄なく黙々と作業を続けています。

liha08.jpg
ここはホルンの席です。
悲しいかな、張り出し舞台を作ったとはいえども
管楽器は必要最低限のスペースしか有りません。ゴメンナサイ。

liha09.jpg
セントラル愛知交響楽団のみなさんが入ってきました。
この狭い舞台に35人の奏者と指揮者、ソリストが入ります。

liha10.jpg
インスペクターさんの「おはようございます」で
リハーサル前の連絡事項読み上げが始まりました。

続きは次のブログで・・・
出場者の表情を中心にご紹介します

(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment