flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

こんなホールって、めずらしいでしょ。

Category宗次ホール小ネタ
「ホールスタッフっていっぱいいるんでしょ?」

シリーズ化をひそかに狙う、
スタッフやすえの「小ネタ」ブログです。

ほぼ毎日稼働している宗次ホール。
1日1公演はあたりまえで、1日2公演を行うことも珍しく有りません。
実は、公演数の割にビックリするほどの少人数で
企画と制作、チケットセンター・・・
そして演奏会の際には宗次代表が「気配リスト」と名づけた
レセプショニスト部隊で結成されています。
一人ひとりの業務の担当が多いので、
毎日が文化祭本番のような忙しさ!

とにかく皆フットワークが軽く、動く動く!!
もたもた・・ボ~ッとなんてしている時間は全くなく
いつもあっという間に夕方です。

支配人の隣で作業をしていて
夕方には「あ~もうはぃこんな時間や・・・」
と彼が生粋の名古屋訛りでつぶやくのを何度聞いたことでしょうか。

企画は男性陣2名が分担して年300公演以上を制作。
デスクワークだけでなく、
リハーサルの立会い、本番中の舞台転換も担当します。
その上、支配人が経理・人事・総務に加え
企画も年間50公演ほど手がけているので
年間350公演以上の演奏会が主催で開かれる計算です。

皆さまが手にされるチラシや
ホールの印刷物すべてのデザイン編集は
1名の女性スタッフがすべて作成しています。
それにチケットセンターの担当が4名程。
名古屋市内の他のホールの演奏会での
チラシの挟み込みや外撒きなどを
人海戦術でやってくださるパートさんが数名・・・。
そもそも事務所が手狭で、これ以上人が居ても座る場所が無いんです(涙)。

DSCN3012blog.jpg

事務所をお客様をお迎えする側から撮影してみました。
しばらくコンクールや公演が立て続けということもあって
かなり見苦しいことになってマス。

3列あって、3名着席、詰めて座って4名が限界なので
同時にデスクワークできるのは9~10名が限度。
夏は本当に暑苦しいです・・・。

さて、そんな忙しさの中にあって
スタッフのお楽しみは、
月に数回のオーナーお手製のお昼ごはんです。

P1030182 (340x255) - コピー

「えっ!オーナーって、?!」
そうです。宗次代表の事。

P1030031 (340x255)

スタッフは家でやるのと同じように、
巨大な炊飯器からお味噌汁やごはん 時には、カレー、おでんなどなど
よそって頂くのです。(牡蠣めし、おいしかったな~)
しかも「いつお昼が用意されるのか」分かります。
みんなのシフト表に
オーナー直筆で食事のマークが書いてあるので
その日は、お弁当なしで出勤。

だから、外に買いに出たり、
外食して、料理がテーブルまで届く時間も待たずして、
すぐに温かいランチをバクバクと
そして遠慮なく(私だけかも)頂き、
すぐに業務に戻ることが出来るのです。

が、とにかくダブルの公演や友の会 会報発送準備など
体力勝負の日には、みんなおやつは日常ですが、
小腹がすいてまたお食事を食べたりよくします。
(カップラーメンやパンをトーストしたりも。)
食べ物は豊富に用意されていて
常にスタッフがお腹を満たしスタミナ切れしないよう
オーナーがストックしてくださっています。感謝です。

なんだか、話がそれて行きましたが・・。
こんなホールは珍しいでしょ??という話でした。

(スタッフ/やすえ)
関連記事

1 Comments

やよい  

びっくり!

チラシなどのデザインは、外注だと思ってました。
しかもたった一人で!?

いつも見るのも、読むのも楽しみにしています。
(行けなくっても・・・)

2013/04/10 (Wed) 23:12 | EDIT | REPLY |   

Post a comment