flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

スイスから来演~ガラテア弦楽四重奏団 【4/11】

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

4月11日に行われた「ガラテア弦楽四重奏団」の演奏会。
2005年に結成された若手クァルテットですが、
結成からすぐに数々の国際コンクールで上位入賞を果たし
既にその研ぎ澄まされたアンサンブルは高い評価を受けています。

やはり隙の無い緻密なアンサンブルを持ち味とする
カルミナ四重奏団、アルテミス・クァルテットに学んだというわけですから
まあ当然といえば当然ですが・・・。

galatea01.jpg

まずはハイドンからリハーサルが始まりました。
着席してみてびっくり。なかなか珍しい配置です。
ちなみに第2ヴァイオリンのサラさんとチェロのジュリエンさんはご兄妹。
第1ヴァイオリンの坪井さんは
14歳でメニューイン・スクールに入学したという経歴の持ち主です。

galatea02.jpg

こちら本番の写真。ハイドンのときだけ先ほどのような
いわゆる「対抗配置」を取り、
あとはほぼ良く見られる配置に席替えして演奏していました。

galatea03.jpg

アンコールはこの日のプログラムにも取り上げられていた
スイスの作曲家ブロッホの「トンガタブ」というユーモラスでリズミカルな曲を。

galatea04.jpg

galatea05.jpg

サイン会ではわずかな時間でしたが
お客様との会話を楽しんでいた様子。

galatea06.jpg

最後に記念写真。
この日で今回のツアーは終了ということで
どこかほっとした表情。
翌日は一日名古屋観光を楽しまれたようで、
「水族館楽しかったです!」とお話されてました!

(スタッフ/にしの)



関連記事

0 Comments

Post a comment