flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

鈴木秀美のガットサロン~弦楽三重奏の粋 【4/23】

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
4月23日に行われたチェリスト鈴木秀美の企画、ガットサロン。
今回は余りコンサートで取り上げられない弦楽三重奏のプログラム。
メンバーはガットサロンでおなじみ、
ヴァイオリンの若松夏美さんとヴィオラの成田寛さん。

リハーサルが始まってしばらくして・・・
「お、これは使えそうだ」

hidemitrio01.jpg

ステージ脇においてあった高さ10センチ程度の玄関台を足代にして、
いつもより高い椅子に座ってみようというアイディア。

試したところ、台が高すぎる・・・ということで
足をばらして天板だけを使ってみようと・・・

hidemitrio02.jpg

ばらばらにして

hidemitrio03.jpg

滑り止めを噛ませて・・・
「これなら!」と。
どうしてこんなに足を置く高さにこだわるのか?
鈴木秀美さんの場合、床に刺して楽器を安定させるエンドピンを使わず
ひざに挟んで演奏するので、
足を置く高さで楽器の角度が変わるのです。
楽器の角度が変われば音が飛ぶ方向性も変わってきます。
「椅子は音にものすごく影響します」と秀美さん。

hidemitrio05.jpg

hidemitrio04.jpg

本番でもこの玄関台(の天板)が活躍。
アンコールはモーツァルトの未完の作品を演奏。
未完ですので、
突如モーツァルトがどこかへ消えてしまったように終わり
客席からも笑いが起こりました。

hidemitrio06.jpg

サイン会を開催して・・・

hidemitrio07.jpg

あ、ホワイエにはこちらもガットサロンでおなじみ
京都市交響楽団の首席ヴィオラ奏者、小峰さんが聴きにいらしてました。

hidemitrio08.jpg

記念撮影です。

このガットサロン、宗次ホールでの次回は10月27日に豪華にも弦楽八重奏で計画中。
また6月17日(月)には鈴木秀美さんが
リコーダーの名手ダン・ラウリンさん、チェンバロの上尾直毅さんと
今年生誕360年&没後300年を迎えるコレッリのソナタ集(作品5)を演奏します。
しかも6月15日には同じ曲を「大江戸バロック」(桐山建志&大塚直哉)のお2人が
ヴァイオリンとチェンバロで演奏するコンサートとのセット企画で、
こういうメモリアルイヤーにしか出来ない特別な内容です。

コレルリblog

(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment