flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

帰ってきたアントネッロ! リコーダー四重奏+ルネサンスハープ【5/12】

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
2010年の7月以来の出演となる
古楽アンサンブル「アントネッロ」の企画。
“アントネッロ・リコーダーコンソートの極み”が5月12日に行われました。

anthonellorecorder01.jpg

リハーサルの模様。
今回はアントネッロのリーダー、
濱田芳通さんと、その弟子、またその弟子と、
4人のリコーダー奏者のアンサンブルに
チェンバロからバロックハープ、ルネサンスハープと様々な楽器を操る
西山まりえさんが共演。
リコーダーのピュアなハーモニーと
ホールの空間にふわっと広がるルネサンスハープの音色が良く合いますね。

anthonellorecorder02.jpg

約3年ぶりの宗次ホール来演。
変わらず濱田さんのリコーダー冴え渡ってます。

anthonellorecorder03.jpg

本番では演奏と共に、
メンバーの一人名古屋出身の古橋さんが
飼っていたオカメインコの話を・・・。
なぜインコの話かというと
リコーダーというのは録音機“レコーダー”と同じ語源で
鳥が美しい声でさえずるように繰り返し覚えこませるために笛を吹いたので
その笛もまた“レコーダー/リコーダー”と呼ばれるようになったのだそうで。
濱田さんから「古橋くん、何か鳥の話をしてよ」と振られて・・・そうなりました。

そういうわけでこの日のコンサートでは
名古屋コーチンも登場。
(おなかを押すとグガーと鳴きます。)

anthonellorecorder05.jpg

終演後に舞台に転がってました。

anthonellorecorder04.jpg

サイン会ではお客様と出演者の何年ぶりというような
再会もあったようです。

anthonellorecorder06.jpg

最後にメンバー集合して記念撮影。

(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment