flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

ウィハン弦楽四重奏団マスタークラス開催!

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
5月15日に行われたウィハン弦楽四重奏団のメンバーによる
公開マスタークラスのレポートです。
文字通り、四半世紀も弦楽四重奏をやってきた
現役バリバリの「マスター(達人)」たちによるレッスンとなりました。
受講したのは皆愛知県立芸術大学と何らかのかかわりがある(卒業生など)
メンバーで構成された3団体。
当館でこれまでに開催した「アンサンブルフェスタ」や
昨年の「第1回宗次ホール弦楽四重奏コンクール」にも出場している団体です。

最初はリプトン弦楽四重奏団。
教えるのは第1ヴァイオリンのレオシュ・チェピツキーさん。
チェコの作曲家フィビヒの弦楽四重奏曲 第2番 の第1楽章を・・・。
こういう曲を熟知しているのは、さすがチェコの団体ですよね。

wihanlesson01.jpg

そこそこ!!もっと出して!!

wihanlesson02.jpg

同じリプトン弦楽四重奏団さんのレッスン。後半はハイドンの「日の出」を
第2ヴァイオリンのヤン・シュルマイスターさんがレッスン。
チェピツキーさんと違ってジェントルに話かけるシュルマイスターさん。
担当しているパート(楽器)の影響でしょうか。
教え方にもメンバー夫々の個性が出ますね。

wihanlesson03.jpg

2コマ目のモカ・クァルテット。
ボロディンの弦楽四重奏曲から第3楽章の「夜想曲」などのレッスンを受けました。
担当したのはヴィオラのイルジー・ジグムンドさん。

wihanlesson04.jpg

最初に受講生の演奏を聴いて一言
「あなた方はこの曲を悲しいと感じているのか?あるいは楽しいのか?どんなふうなの?」
身振り手振りで徹底的にフレージングを中心にアドバイスします。

wihanlesson05.jpg

最後はクァルテット・アホイ。
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第10番「ハープ」を
チェロのアレシュ・カスプルジクさんに見ていただきました。

wihanlesson06.jpg

ここのところはこんな風に、とカキコミ・・・

wihanlesson07.jpg

今回のレッスンは、たまたまウィハン弦楽四重奏団の皆さんの
名古屋滞在日程に余裕があったため実現したもの。

「日本の若いカルテットはどうだった?」とレッスン後に尋ねたところ
「思っていたよりもずっとレベルが高い」
「カルテットの基礎をしっかり勉強していると思うよ」
と4人とも一様に好感を持ったご様子。

また機会があればこのようなレッスンの様子を
一般の音楽ファンの皆さんにも公開して、
一緒に音楽作りの難しさ、そして喜びを共感していただきたいなと思っています。

※チェコ語通訳の榊原祐子さんは、
 前夜のリサイタルにピアニストとしてご出演頂いたばかり!
 ご無理を言って翌日も4時間にわたる長いレッスンを
 最初から最後まで的確に通訳していただきました。


(スタッフ/にしの)

関連記事

0 Comments

Post a comment