flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

渡邊順生 チェンバロリサイタル 【6/1】

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

一橋大学社会学部を卒業しながら
その後アムステルダム音楽院に留学。
巨匠グスタフ・レオンハルトに師事した
日本屈指のチェンバロ奏者、渡邊順生(わたなべ・よしお)さんが
6月1日、シリーズ「バッハの海へ」に登場しました。

yoshio01.jpg

リハーサル中の後姿・・・。
本日のチェンバロは名古屋市名東区に工房を構える
安達正浩さんの楽器。(工房のサイトへ
(地産地消、無農薬栽培のチェンバロですよ~・・・なんて冗談も。)

yoshio02.jpg

この日の調律はA(ラの音)=415Hz。
普通は440~442Hzですから随分低い基準で合わせています。
このような音程の違いもバロックの演奏会の楽しみの一つです。
しかし古い時代のチェンバロを、現代のスマホのアプリで調律するこの不思議。
調律アプリ、このホールでももう段々見慣れてきました。

前半はバッハよりも昔、あるいは同世代の作曲家の作品を演奏しながら
バッハへ繋がる道を描き出そうという試みでした。

yoshio04.jpg

随所にお話を挟みながらのリサイタル。
丁寧な解説でより理解が深まります。

yoshio03.jpg

今日使われた渡邊さんが筆写した楽譜。全部手書きです!!
折り目正しい性格が表れているような気がしました。
師匠レオンハルト氏もやはり「きちーっ」とした方だったようです。

yoshio09.jpg

終演後、やはり楽器の写真を撮っていくお客様がちらほら・・・。

yoshio06.jpg

物販コーナーではCDと共に
分厚い著作、その名も「チェンバロ フォルテピアノ」が販売されていました。
お買い求めのお客様も。

yoshio07.jpg

サイン会も行われました。

yoshio08.jpg

最後に記念撮影。
宗次オーナーは不在でしたので
この日のチェンバロの製作者安達正浩さん(左)と
チェンバロ奏者で渡邊さんの教え子でもある戸崎廣乃さん(右)が一緒に。

yoshio10.jpg

(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment