flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

演奏家さんのお出迎え。

Category宗次ホール小ネタ
スタッフの安江です。

昨日、楽屋を掃除して思いました。
1_ (350x263) - コピー

演奏者のお出迎えは何度やっても緊張するな~って。
反対に、いちばん「ほっ」とするのは、
お帰りをお見送りする時。
スタッフ一同、感謝をこめてお見送り。
お疲れさまでした。またお待ちしております。と。

お出迎え……スタッフは公演のある日の朝、
演奏家の到着を「今か今か・・」と準備を整えて待ちます。
時に有名な演奏家来る日などいつにも増して緊張します。
演奏家さんもさまざまで
マネージャーと一緒に、とは限らず
一人でふらっといらっしゃる方も。

演奏家さんによっては、開館前から
ホール到着されていたり、
「あれ~まだご到着でないけど、開場時間迫ってるし・・・」
と思っているうちにバイクですべりこむ方も。

到着された演奏家さんは、もちろん私服姿。
ステージでの装いと違って、これまた魅力的だなあと思うことも。
大荷物のばあい、楽屋までの荷物運びをお手伝いすることもありますが
大切な楽器には触れません。

その楽器ケースも皆さんそれぞれ個性を出そうと工夫されていて
チェロのケースがきれいなモスグリーンだったり、
ヴァイオリンのケースが油絵でペイントされていたりという方も。

演奏者からお願いがあった当日お取り置きするチケットのことなど
いくつかの確認を事務所で済ませたら、写真の楽屋へ向かいます。
エレベーターの中で今日の天気のことや、このホールのことなどを
お話したりして・・・。
そんな演奏家さんとのやりとり。
大した時間ではないのですが、
「何度やっても緊張するな~、
 でも演奏家さんはこの楽屋でもっと緊張されるのかしら」なんて
掃除をしながら思います。

さて、私がいろいろ考え思いめぐらしてしまうこの楽屋。
団体(8名以上)でのコンサート鑑賞なら見学が出来ますよ。
ホール内を下から上までぐるりと回る「ホール見学」は
「たのしかった~」「普段見れない場所まで見れた!」と好評頂いております。
団体様御予約の特典は、
①お席を確保します。
②終演後、演奏家との記念写真撮影
③ホールのバックヤード(裏側)見学
です。

P1030034 (250x188)
↑団体様のお席はこのようにして予め場所を確保します。

 P1030036 (250x188)
↑上からみるとこんな感じ。

昼夜2公演開催日など
楽屋までお見せすること出来ないこともあります。
狙い目はランチタイムコンサートだけを開催している日。
是非出演者気分で(とはいえ緊張する必要は全くありません!)
宗次ホールの楽屋やバックヤードを探検しませんか。
この機会を通じて
ホールを身近に感じていただけたらうれしいです。

(スタッフ/やすえ)
関連記事

0 Comments

Post a comment