flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

巨匠ピアニスト カニーノが弾くワルツの世界 【6/14】

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
6月14日に来演したのは
イタリアが誇る大巨匠。ブルーノ・カニーノさん。

canino01.jpg

リハーサル。すでに名古屋駅近くのホテルから
タキシード姿でホールにやってきたカニーノさん。
荷物は足元にポイっとおかれたトートバッグひとつ。
あれ、このバッグはもしかして??

canino02.jpg

「これ? 日本で買ったんだよ!」
このレッスンバッグ、宗次ホールの音楽雑貨店でも販売してます!

canino05.jpg

ベートーヴェンと同時代のクレメンティから初めて
シューベルト、ショパン、ブラームス・・・
後半はさらにドビュッシー、ヒンデミット、シェーンベルクまでが繰り出す
オール・ワルツ・プログラム!
最初から最後まで全部3拍子。それなのに多彩で飽きさせないのは
巨匠と呼ばれるピアニストが持つ引き出しの多さ、
選曲のセンスによるものでしょうか。

canino03.jpg

アンコールはワルツの定番、
ショパンの「華麗なる大円舞曲 第1番」を演奏。

canino04.jpg

ホールへの色紙には、たどたどしくも可愛らしいカタカナが。。。

(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment