flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

コレッリ生誕360年&没後300年企画 第1夜=大江戸バロック 【6/15】

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
6月15日と17日の2回にわたって行われた
イタリア、バロック期の作曲家 アルカンジェロ・コレッリの
メモリアル・イヤー企画。

1日目は愛知県立芸術大学の准教授としても
この地方でおなじみ桐山建志さんのバロックヴァイオリンと、
長年デュオを組んでいる大塚直哉さんのチェンバロ。
このほど「大江戸バロック」というグループ名も決まりました。
なぜ大江戸? バッハやヘンデルが生まれた1685年ごろの日本は
ちょうど江戸時代、それも元禄文化の頃。
近松や西鶴や芭蕉ってバロック音楽と重なるんだ・・・と思うと
ちょっと親近感が湧きませんか?

さて、バロックの演奏会は楽器にも注目です。
この日のチェンバロは、
埼玉にお住まいの楽器製作者 加屋野木山(かやの・もくざん)さんが
今年の1月に完成させたばかりの真新しい楽器でした。
調律中お邪魔します・・・

oedo01.jpg

無垢の木をそのまま、沢山の節もそのまま生かした
木のぬくもり溢れる楽器です。

oedo02.jpg

鍵盤横は丸くカットされていて、
手の動きが見たい、という方には嬉しいですね。

oedo05.jpg

屋根のフシアナから覗くと、整然と並んだペグ(弦を巻いて止めているピン)が見えました。

oedo04.jpg

リハーサル。今日は12曲あるコレッリの「ソナタ集」から9曲を演奏。
休憩を含め2時間きっちりのボリューム。

oedo06.jpg

本番、最初の2曲を終えて、
最初に桐山さんが少しコレッリについてお話。

oedo07.jpg

しなやかに飛翔する桐山さんのヴァイオリン。
生き生きとしたビート感と自在な装飾が素敵な大塚さんのチェンバロ。
2009年以来、久々に宗次ホールに登場したこのコンビ、
ますます磨きが掛かっています。

oedo08.jpg

サイン会も上々。
今年リリースしたCDはレコード芸術特選盤に選定されています。

oedo09.jpg

この日も終演後、お客様に楽器を間近で見ていただきました。

oedo10.jpg

桐山さんが抱えているのは差し入れの焼酎です。

(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment