flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

ケーナとアルパで「コンドルは飛んでいく」 【6/18】

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
6月18日のスイーツタイムコンサートに出演したのは
南米の笛ケーナと南米のハープ、アルパの組み合わせで活躍する
デュオ「ケーナルパ」のお2人。
ケーナはアンデス山脈地方、アルパはパラグアイと、
同じ南米でも全く異なる地域をベースにしているため、
この2つの楽器がデュオで演奏されるのは実は珍しいのだそう。

quenarpa01.jpg

こちらリハーサルです。
アルパの池山さん、実は声楽科を卒業されているれっきとしたソプラノ歌手。
小さい頃家の事情で南米に住んでいたことがあり
その時にアルパに出会ったそうです。
近年、アルパは日本でも段々と知られるようになってきて、演奏者も増えましたが
「アルパ弾き語り」はなかなか無いですよ、と。

quenarpa02.jpg

アルパの手さばきが見やすく、というのと
演奏するお2人のコンタクトが取りやすいように、ということで
特製の台に乗って演奏していました。
八木さんの横には沢山の小道具、
ギロやマラカスや汽笛や・・・いろいろ全部ちゃんと使いました。

quenarpa03.jpg

本番の様子。ケーナの八木さんは、ほかにも様々な笛を使って楽しませてくれました。
こちらはルーマニア由来の笛で「ナイ」と言います。

「ケーナもいろいろで
少し短いケーナは“みじケーナ”と言います。長いのも有ります。何と言うでしょう?
 “なゲーナ” ・・・? ではなくて、
“でっケーナ”です!!」

お2人の和やか~なお話に客席の反応も上々。
「コンドルは飛んでいく」のメロディは日本人にも人気ですね。
お客様の反応を見ていて改めて思いました。

quenarpa04.jpg

終演後、サイン会も大盛況。

quenarpa05.jpg

人々の心に寄り添う音楽を、と東北での演奏活動をはじめ、
全国を回っているデュオ「ケーナルパ」。

公式ブログではそんな活動とともに
宗次ホールで聴いてくださったお客様の感想も読むことができます。
デュオ「ケーナルパ」公式ブログ

(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment