flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

若き東響コンサートマスター水谷晃さん 【6/22】

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

6月22日のディナータイム名曲コンサートに登場したのは
ヴァイオリンの水谷晃さん。
ウェールズ弦楽四重奏団のメンバーとしてミュンヘン国際コンクールで
東京クヮルテット以来の入賞を果たすなど、注目を集めてきた素晴らしい演奏者です。
群馬交響楽団のコンサートマスターに就任した2010年にはまだ24歳で
これは日本のオーケストラのコンサートマスターとしてダントツに若い!記録でした!!
それが今年の春、今度は東京交響楽団のコンサートマスターに移籍すると発表。
現在27歳ですが、まだ「国内現役最年少コンマス」であることは変わり有りません。

mizutani04.jpg

この日は本番も撮影したのですが、画質が不調で
リハーサルの写真しかのこっておりません・・・。

ピアノは富田弥重子さん。宗次ホールでは2007年に
ウィーン・フィルのコンサートマスター、ホーネックさんと共演したことがあります。
富田さんと水谷さん、実は結構年が離れているらしいのですが、
水谷さんが余りにもしっかりしていらっしゃるので
全然そんな感じがしないと仰っていました。

mizutani02.jpg

終演後はサイン会・・・ではありません。(CDを出しては居ないそうで。)
こんなに多くの方が並んでいるのは、皆さん水谷さんとお話がしたくてのこと。
実は高校時代は豊田市にある南山国際高校に通っていた水谷さん。
そのときの同級生や、恩師の先生方が沢山聴きにいらしてくださったようです。

mizutani01.jpg

急遽サインもできるようにテーブルも置きました。

mizutani03.jpg

久しぶりの懐かしい再会と共に
演奏ももちろん充実したもので皆さんご満足いただけた様子。
また是非名古屋でときどきは演奏していただきたいものです。

(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment