flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

ロシア出身の夫妻ピアノデュオが来演 【7/6】

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
7月6日のスイーツタイムコンサートは
ニキータ・フィテンコさん、カテリーナ・ザイツェヴァさん
それぞれソリストとしても活躍中のお2人が、
「これぞロシア」というべきプログラムで素敵なデュオを聴かせてくれました。

fitenko01.jpg

宗次ホールの広くない舞台に2台のピアノが並ぶと
それだけで大迫力。
響きが飽和してしまうことも懸念されましたが、
リハーサルを聴いていると、お2人が演奏しながら的確にバランスを取って
この空間にあわせて調整してゆく様子が手に取るように分かり、驚きました。

fitenko02.jpg

1台のピアノでの連弾もプログラムに含まれます。
屋根を外した方のピアノで演奏しました。
「屋根が無い方が音の広がり感がいいですね」ということで決めました。

fitenko03.jpg

この日はこんな曲も。ローゼンブラットという今もご存命のロシアの作曲家の作品。
「二人羽織」なんてアダナもあるそうですが、そのままですね。

fitenko04.jpg

こちらは本番。屋根がないのがちょっと奇妙に見えるかもしれませんが、
絶対にこっちのほうが良かった。
調律師さんにとっても、スタッフにとっても新たな発見でした。

fitenko05.jpg

2台ピアノで、演奏するザイツェヴァさん。
見えますか? 楽譜がとっても細かい!
そして、普通2台ピアノをするとき、アイコンタクトを取るために
楽譜をもっと寝かせて置くことが多いのですが、
このお2人は完全に立てて置かれる。
お互いの顔は見えないのに、まるで一人で弾いているかのよう。
さすがご夫妻!

fitenko06.jpg

ラフマニノフの人生最後の大曲「交響的舞曲」
そしてショスタコーヴィチが息子と連弾するために書いたコンチェルティーノ。
圧巻の後半を終えてのカーテンコール。

fitenko08.jpg

サイン会を横で見守るのは、昨年の日本音楽コンクールで優勝した浜野与志男さん。
昨年宗次ホールのスイーツタイムコンサートにもご出演いただいてます。
フィテンコさんが浜野さんの師匠ということもあって、
今回の日本ツアーでは浜野さんがマネージャーとして付いていらっしゃいました。

fitenko09.jpg

宗次代表との記念撮影。

(スタッフ/にしの)


関連記事

0 Comments

Post a comment