flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

チェコの名手、マルティン・カシーク ピアノ・コンサート【8/19】

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
kasik06.jpg

8月19日のスイーツタイム・コンサートに出演したのは
チェコのピアニスト、マルティン・カシークさん。
チェコというと弦楽器のイメージが強いのですが、
ヨセフ・ハーラ、ヤン・パネンカ、ルドルフ・フィルクスニー・・・など
巨匠と呼ばれるピアニストを多く輩出しています。
これらのチェコのピアニストに共通するのは、
派手な効果を狙ったはったりとは無縁の、職人的で手堅い音楽運び。

カシークさんは1975年生まれ。
現在プラハ音楽院の院長を務めるイヴァン・クランスキー氏に学び
チェコのピアニズムを継承する若き名手という位置づけです。

kasik01.jpg

演奏会はドヴォルザークのユーモレスク。有名なあの旋律を含む2曲で幕開け。
そして、ノヴァーク、ヤナーチェク、マルティヌーと
チェコを代表する作曲家の、民族的な素材を使った作品が並びます。
休憩を挟んで後半はショパン。
音色、強弱の落差、フレーズの大きさ・・・それらが思いつきと言うのではなくて
すべて手中に収められ、作品に語らせてゆくような演奏でした。
自然で無理が無いのに、個性的。チェコを代表する若手という評判に偽り無し。

アンコールにショパンのノクターンと
やはりチェコの作曲家、スラヴィツキーの激しい現代的な曲「トッカータ」で締めました。
カシークさん、このスラヴィツキーの作品を演奏するということに
使命を感じていらっしゃるとのこと。
「自宅のピアノはスラヴィツキーさんが生前使っていたものなんですよ」と。

kasik04.jpg

終演後、演奏に魅了されたお客様がCD売場に詰め掛け、
サイン会の列も予想以上に伸びました。
日本ではまだまだ名前が知られず、
お客様からも「期待以上です、こんな人どうやって見つけてきたんですか」という質問も。
しかし、プラハでは数年前からもう大人気の有名ピアニストだそうです。
なかなか日本までそういう情報は入ってこないのですが・・・。

kasik02.jpg

kasik03.jpg

おひとりずつ丁寧に対応するカシークさん。
とてもフランクな人柄に、皆さん感激。

kasik05.jpg

最後に宗次オーナーと。
「こんなホールとピアノ、プラハに無いよ!素晴らしい」とお褒め頂きました。
またの来演を楽しみに待っています、とお話して、
この後カシークさんは大阪へ向かいました。

(スタッフ/にしの)


関連記事

0 Comments

Post a comment